「清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた/とな墓」ep1、ep2あらすじ、キャスト、Singto主題歌、感想、日本語字幕

2020年LINETVアワード、ベストドラマチック・シーン受賞、タイBLドラマ。

日本語タイトルは、「彼は清明節に僕の隣のお墓にやって来た」。

通称「とな墓」。

英語タイトルは、「Come To Me」(「He’s Coming To Me」と表記されてることもあります)。

 
主演はOhmSingto。ゆるふわなぴしん(Singto)のかわいさが凶器!
 
透明感あふれる明るくてかわいくて、ちょっと切ないBLドラマはいかがでしょうか?

「SOTUS」で怖い彼氏コングポップを演じたSingto主演の全8話のドラマです。

ぴしんのあまりのキューティーハニーぶりに、ぴしんが持ってる太古の化石ウォークマンが、一周回ってカッコ良く見えてくる位ヤバイです!


「とな墓」はこんな方にオススメ
・ちょっと切ないBLドラマ見たい
・OhmかSingtoが好き
・年下ワンコが好物

この記事でわかること
・「とな墓」のエピソード1~2のネタバレあらすじ
・メインキャスト
・ドラマの魅力
・Singto主題歌
・感想

スポンサーリンク

YouTubeで日本語字幕で見る方法

2020年11月公式(GMMTV)からYouTubeに動画が再アップされました!

ジオブロックを外せばすぐにでも見られます!

字幕は英語ですが、自動翻訳で日本語の字幕をつけることもできます。

以下で方法をご説明します。

ジオブロックとは、地域による接続制限のこと。

①ジオブロックを外す方法

ジオブロックを外すには専用アプリ(VPNアプリ)が必要です。

VPNアプリは、有料無料合わせて色々あります。

セキュリティ重視で選びましょう。

VPNアプリの選び方はこちらです

ここでは、無料のアプリ、筑波大学の「VPN Gate」を使う方法をご紹介します。

無料なので、多少通信速度が不安定になることがありますが、ご了承ください。

VPN Gate
  1. VPN Gate」のサイトに行きます。
  2. 画面上部のメニューの「接続方法」を選択。
  3. OSによって設定が違うので、希望のOSを選びます。
  4. 「OpenVPN」は通信速度が遅いので、別のものを選びましょう。例えば、Androidなら「L2TP/IPsec」が推奨です。
  5. 該当のプロトコル(例えば「L2TP/IPsec」)をクリックすると設定方法を説明したページに飛びます。
  6. 設定方法に従って、設定します。
VPN Gate プロトコル比較
「VPN Gate」Androidの場合

接続する国は、セキュリティができるだけしっかりしてそうな国を選ぶ方が良いかもです。

接続できたら、YouTubeを開いて見たい動画を探して視聴できます。

なお、動画を見終わったら、セキュリティ上、VPNの接続を切っておく方が安全です。

VPNサーバー側は、利用者の個人情報をゲットできますので、利用者はリスクがあることを覚えておいた方が良いかと思います。

②YouTubeを自動翻訳で見る方法

「とな墓」のYouTube動画は、英語字幕が付きます。

YouTubeの英語字幕を自動翻訳して、日本語字幕を付ける方法があります。

■PC版はこちらです

■スマホ版はこちらです

衛星劇場で日本語字幕で見る

2021年1月25日(月)23:00~衛星劇場で放送開始です。

スカパーやひかりTV、ケーブルテレビなどで申込み・視聴できます。

ep1、ep2ネタバレあらすじ


Mesは、成仏できないまま幽霊となって自分のお墓のそばでたたずんでいました。

Mesという自分のニックネームと、子供の頃から心臓が弱くて心臓発作で若くして死んだということだけは分かっていますが、自分の名前も家族のことも覚えていません。

Mesは、お墓参りに来てれる人もなく荒れ放題のままのお墓で、長い間過ごしてきました。

ある年の清明節、Mesの隣のお墓にお墓参りに来た男の子が、Mesのお墓にお線香を供えてくれます。

清明節とは、元来は中国の先祖祭。旧暦3月,春分から15日目にあたる節日に,家中こぞって先祖の墓参りに出かけ,鶏,豚肉,揚げ豆腐,米飯,酒,茶あるいは香燭や紙銭などを供える。

(引用:コトバンク)

しかも、その男の子はMesの声が聞こえている様子。

それ以来Mesは、毎年男の子がお墓参りに来るのを楽しみに待つようになります。

来る度に、Mesが好きだったチョコレートなどの好物をお供えしてくれる男の子。

ところがある日、男の子が泣きながらMesの元にやって来ます。

「お父さんが死んじゃった!

お父さんを探したけど、どこにもいないんだ!

お父さんを探して!」

Mesに見えたのは、息子Thunを気遣いながらも、天国に向かうお父さんの姿でした。

一生懸命男の子を慰めるMes。

Mesの存在に慰められる男の子でしたが、次の年から彼はお墓参りに来なくなります。

数年後、久しぶりに現れたThunは、すっかり成長していました。

Thunは、墓地に張られた結界から出られず寂しそうにしているMesを墓地から連れ出しますが‥‥。

「とな墓/清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた」ネタバレあらすじ

メインキャスト

Mes役:Singto Prachaya

BL界隈では、「SOTUS」のコングポップ役や、「フレンド・ゾーン」への出演で有名です。

2016年の「SOTUS」で相手役だったKristとは、KristSingtoとしてカップルで活躍中。

3年連続KAZZのベストカップル賞を受賞してて、不沈戦艦と呼ばれる神カップルです。

今回の「Come To Me」では相手役が違いますが、ぴしん(P’Singto)の新たな魅力が味わえます。

「SOTUS」では雄み溢れる「怖い彼氏」でしたが、今回の役はゆるゆるフワフワな子猫ちゃん的キャラクター。

元々王子様系の癖のないイケメンなので、こういう役もピッタリはまってます。

Thun役:Ohm Pawat

The Sipper」でお馴染みのOhmくん。

「The Sipper」では、どちらかというと無口な、ちょっと引いたキャラクターでした。

今回は明るい役で、笑顔が眩しいです。

あと、端役ですが、「2gether」のBoss役でお馴染みのGunsmileさんや、同じく「2gether」のPam役の女優さん、「SOTUS・S」のソムオー役の女優さん(名前がわかりません。ごめんなさい)も出演しています。

Thun×Mesの魅力(OhmSingto)

Ohmくん演じるThunは、霊能力者。

いわゆる幽霊が「見える」人です。

とはいえ、霊能力者というキャラクターにありがちなミステリアスな雰囲気や、影のあるイメージは、Thunにはありません。

むしろ、陽気で明るくてスポーツマンで、女の子にもめっちゃモテてるイケメン。

大学では法学部で、将来は弁護士志望。

トラブルが発生しても、悩む前に行動するタイプ。

Mesとは子供の頃からの長い付き合いで、彼に特別なものを感じています。

一方Mesは成仏できない幽霊ですが、生前のことはほとんど全く覚えていません。

なので、現世に執着があるわけでもなく、恨みがあるわけでもなく、特にやり残したことがある訳でもありません。

悲壮感はほぼゼロ(笑)。

自分の状況がよく分からないまんま、モラトリアム的にボンヤリふわふわ幽霊やっています。

「とな墓/清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた」OhmSingto

幽霊もののドラマではあるものの、明るくて可愛くて、透明感のある魅力的なカップルです。

唯一の問題は、人間×幽霊でどうBLにするんだ???ってこと。

ThunとMesは触れあうこともできひんのやで?

それとも今後できるようになっていくとか???

Mesの死の謎解き


「とな墓/清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた」

ドラマの中で言われている、死後成仏できず幽霊になる理由は3つ。

  1. 定められた本来の寿命が来る前に死んでしまった。
  2. 誰も供養してくれない。
  3. 自分の死因が分からない。

Mesは、自分では2番目の理由だと思っています。

でも、どうやら違うみたい。

彼の死因は不自然な点があるようです。

そういう謎解き要素も、このドラマの魅力です。

Singtoバージョン主題歌

番組冒頭の某歌手の主題歌も素敵ですが、ぴしん(Singto)が歌う主題歌も激甘で素敵です!

是非どうぞ~♪♪♪

原作の一部が今すぐ無料で読めます

Dek-Dで原作の一部が今すぐ無料で読めます。

リンクはこちらです

タイ語ですが、自動翻訳で日本語で読めます。

原作はテレビドラマとは違う部分がたくさんあります!

登場人物のキャラも違うし、展開も大きく異なってます。

原作では細かい設定も確認できるので、一読しておくのも楽しいです。

まとめ

Singto主演の、人間と幽霊のBLドラマ「Come To Me」。

BL要素と謎解き要素が楽しめます。

幽霊は出てきますが、全く怖くありません。

可愛いかわいいゆるふわカプはいかがでしょうか?

かわいさに打ちのめされますよ!

※エピソード3の紹介記事はこちらです

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments