「清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた/とな墓」ep4ネタバレあらすじ、原作、感想レビュー

2020年LINETVアワード、ベストドラマチック・シーン受賞。

日本語タイトルは、「彼は清明節に僕の隣のお墓にやって来た」。

通称「とな墓」。

今回は「とな墓」のエピソード4について、あらすじ、メインキャスト、ドラマの魅力、ドラマを見て感じた素朴な疑問

(①タイの中国系墓石に名前はないの?

②人を死なせてしまった場合のタイの法律は?)

に対する原作からの補足説明、主題歌リンクなどをお伝えします。

スポンサーリンク

配信情報

YouTubeで公式の配信を見ることができます。

「とな墓」をYouTubeで日本語字幕で見る方法はこちらです

メインキャスト

Mes役:Singto Prachaya

Thun役:Ohm Pawat

主役二人の紹介記事はこちらです。(エピソード1~2の紹介記事に飛びます)

ep4ネタバレあらすじ


ネタバレありですので、ご注意下さい。

Thunのために茶碗蒸しを作るMes。

以前はものに触れることができなかったけれど、練習することで少しずつ日々できることが増えていきます。

でも、人間に触れることはできません。

そのことを気にするMes。

「見えて話せる。それだけで俺は同じ世界にいるって感じられるよ。

心配しないで。俺が必ずP’Mesを救う方法を見つけるから」

頼もしいThun。

そして、Thunは、Mesの本名を調べるため、看護士をしているお姉さんがいるKhiaokhiemに患者のリストを手に入れてくれるように頼みます。

欲しいリストは子供の頃から心臓病の持病があって、1997年に死んだ若い患者。

幸いにも、Khiaokhiemは患者のリストを手に入れてくれました。

リストを見たMesは自分の名前を思い出します。

早速リストにあった住所の家に行ってみたところ、Mesに異変が起きました‥‥。

Thun×Mes(OhmSingto)


チョコレート好きのMesのために、Thunはチョコレートを大量に買い込みます。

冷蔵庫の中はチョコレートがいっぱい(笑)。

「たくさん食べてデブ幽霊になってね」

と笑うThun。

あーもーなんて、かわゆい二人!

オタクは二人の可愛さを讃える舞をひとさし舞うよ!

チョコレートのお返しに、MesはThunために料理をするようになります。

気合いを入れないと物に触れないので、全集中水の呼吸?で一生懸命料理するMes。

作るのは、Thunが好きな茶碗蒸し。

えっ。ちょっと待って!!!

茶碗蒸しって、「SOTUS」でコングが作ってたよね(笑)。

デジャブw

Mesと一緒にいたいThunは大好きなバスケット部もさぼりがち。

二人のいちゃラブが微笑ましい(〃ω〃)。

でも、Thunは自分のセクシャリティがまだよく分かっていません。

大学でThunは、友達が女の子のエロい写真を見て盛り上がってるのを見て不快感を感じます。

ちっとも面白くないし、興味もないし、興味がないことを友達にからかわれるのも不愉快です。

「息が詰まるし、窮屈な感じがするし、なにも言い返せない自分に腹が立つ。

なにもできない自分にムカつく!」

苦しそうなThun。

次のエピソードが気になります!

原作がDek-Dで無料で読めます

Dek-Dで、とな墓の原作の一部が今すぐ無料で読めます。

「larza」さんの2017年の作品です。

リンクはこちらです

タイ語ですが、自動翻訳で日本語で読めます。

タイの中国系お墓に記されている4つの基本項目


エピソード4は、Mesの本名を調べる回でした。

ドラマを見ていて感じたのが、中国のお墓って、墓石に名前が刻まれてたりしないの???ということ。

原作の脚注に答えがありましたので、ご紹介します。

通常、墓石に刻む基本項目は4つ。

  1. 故人の住所
  2. 命日
  3. 親の名前
  4. 故人の名前

上記の他に、享年(例えば「享年25歳」とか)などを入れることもあるそうです。

原則中国語で記しますが、タイ語で記す人もいるそうです。

Mesのお墓は中国語表記の設定なので、ThunはMesの本名が分からないということです。

タイの法律についての伏線

弁護士になるべく法学部で勉強しているThun。

課題をみんなで話し合うシーンがあります。

お題は「アレルギーの持病がある人を森に連れていって発作が起き、死亡した場合、罪に問われるのか?」

原作の脚注にタイの法律についての説明がありました。

それによると、

生命の危険にさらされた人を見た場合、助ける義務があります。

違反した場合、最長1ヶ月の禁固刑、または1,000バーツの罰金。あるいはその両方。

時効は20年

おそらく今後のドラマの伏線だと思うので、参考まで。

ただし、私のタイ語めちゃめちゃ怪しいので、もし、「間違ってるよー」ってお気づきの方がいらっしゃいましたら、お教えいただけると嬉しいです(^_^;)

原作を読むと、ドラマと違う部分や、ドラマでは見逃しがちな細やかな設定が楽しめます。

まとめ


▲主役2人のインタビュー

SingtoOhm主演、人間と幽霊のBLドラマ「Come To Me」。

とにもかくにも、プラトニックな二人の爽やかさとかわいさに身をよじること必須のエピソード4。

なんだか、汚れちまった心が洗われる思いがします。

人間×幽霊のピュアなBLはいかがでしょうか?

※次回エピソード5の紹介記事はこちらです

主題歌(Singtoバージョン)


▲「Come to me」 主題歌

番組の主題歌のぴしん(Singto)バージョンがあります。

ぴしんの甘い声が素敵なので、是非!

英語と中国語の歌詞もついてます。

ドラマの世界観に浸れます!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments