「清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた/とな墓」ep6ネタバレあらすじ、感想レビュー

2020年LINETVアワード、ベストドラマチック・シーン受賞。

2019年のタイBLドラマ通称「とな墓」。

今回は「とな墓(Come To Me)」のエピソード6について、

  • ネタバレあらすじ
  • ドラマの魅力
  • 原作小説リンク
  • 原作小説とドラマの違い
  • 主題歌リンク

などをご紹介します。


 
エピソード6は、Mesの描いた絵の謎が明らかに!真実はいつもひとつ!
 

「清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた/とな墓」ep6

スポンサーリンク

配信情報

公式(GMM)からYouTubeに動画が再アップされました。

ジオブロックを外せば、すぐに見られますよ!

英語字幕ですが、英語字幕を自動翻訳する方法もあります。

YouTubeで日本語字幕で見る方法はこちらです

(「とな墓」エピソード1、2の紹介記事の該当項目に飛びます。)

メインキャスト

  • Mes役:Singto Prachaya
  • Thun役:Ohm Pawat

主役二人の紹介記事はこちらです。(エピソード1~2の紹介記事に飛びます)

ep6ネタバレあらすじ


ネタバレありですので、ご注意下さい。

エピソード5でMesにキスしたThun。

Mesが戻ってきたと思って安心して眠りますが、目覚めるとMesはいませんでした。

代わりにいたのは、お母さん。

友達が心配して、お母さんに電話したとのこと。

Khemたちは、Thunがドラッグをやってるんじゃないかと心配しています。

Princeは、Praiとキスした後彼女に対してはっきりした態度を取らないThunに苛立ってもいます。

でも、姿を消したMesのことが心配で、大好きなはずのバスケットの練習にも集中できないThun。

Princeと、とうとう喧嘩に。

「練習中はバスケットに集中しろよ!

Praiのことだって、どういうつもりなんだ?!

好きじゃないならなんでキスしたんだ?!」

「キスした後に女の子に興味がないと分かったんだ!」

喧嘩の勢いで、つい本音を叫んでしまうThun。

幸い、PrinceもKhemも理解してくれました。

もう自分に嘘をつきたくないと思ったThunは、悩んだ末にお母さんにもカムアウト。

お母さんはも理解を示してくれます。

「私が望んでるのはThunの幸せ。

どんなThunでも愛してるわ。打ち明けてくれてありがとう。

勇気があるわね。

私が学生時代に大好きだった元カレもゲイだったの」

後にThunは、Praiの家に行った時、母親の元カレが実はMesだったことに気づきます。

しかも、Praiの祖父の姓は、Mesの名字と同じでした‥‥。

Thun×Mes(OhmSingto)

Thunとキスした後、Mesは自分のお墓に戻ります。

ずっと凹んでいるMesを見て、幽霊友達のJengとA-ngoonは心配します。

Mesは、Thunの部屋でThunのママと再会していました。

生前Thunのママと別れた時、彼女を傷つけたことを思い出して、罪悪感を感じます。

更に幽霊の自分がThunを好きになって良いはずがなく、Thunをも傷つけてしまったと自分を責めるMes。

どっぷり落ち込んでいます。

うーん。この後、ThunとMesってなんとかハピエンになるんやろか???

親絡んできたら難しくない?

ぴしんがかわいすぎてしんどい‥‥。

原作がDek-Dで無料で読めます


Dek-Dで、原作の一部が読めます。

「larza」さんの2017年の作品です。

リンクはこちらです

タイ語ですが、自動翻訳で日本語で読めます。

ep6の原作とドラマの違い

以下原作ネタバレなので、ご注意下さい!

小説とドラマの違いは山ほどあるんだけど、エピソード6で一番大きな違いは、Thunのママが生きていて、尚且つMesの元カノだったことかな。

ThunとMesがハピエンになるハードルが上がったような(汗)。

や。でも恋愛を盛り上げるのはやっぱ障害なのか?!

あと、原作軸のThunは父親が弁護士で、いいとこの家のお坊っちゃんでスパダリ。

セクシャリティで悩んだりとかもない。

つーか、女性と結婚しようとする(汗)。

ドラマのThunは、結構悩んだりもしてて割りと等身大の若者として描かれてますね。

スパダリThunも素敵だけど、ドラマのThunもかわゆい(〃ω〃)

まとめ


SingtoOhm主演、人間と幽霊のBLドラマ「Come To Me」。

エピソード6は、Mesがお墓に戻って、二人は離ればなれに。

伏線も回収されつつあり、新たな事実が色々と判明。

次回あたり、ガツンと山場来そうな予感のする先行き不安なエピソードでした。

次回エピソード7の紹介記事はこちらです

主題歌(Singtoバージョン)

番組の主題歌のぴしん(Singto)バージョンがあります。

ぴしんの甘い声が素敵なので、是非!

英語と中国語の歌詞もついてます。

ドラマの世界観に浸れます!

▲「Come to me」 主題歌

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments