「清明節、彼は僕のお墓の隣にやってきた /とな墓」ep7ネタバレあらすじ、感想レビュー、原作

2020年LINETVアワード、ベストドラマチック・シーン受賞。

2019年のタイBLドラマ通称「とな墓」。

今回は「とな墓(Come To Me)」のエピソード7について、

  • ネタバレあらすじ
  • メインキャスト
  • 原作小説リンク
  • 主題歌リンク

などをお伝えします。

 
いよいよMesの死因に迫るドキドキはらはらの展開です!

スポンサーリンク

配信情報

2020年11月、公式(GMM)からYouTubeに動画が再アップされました。

ジオブロックを外せば、すぐに見られますよ!

英語字幕ですが、英語字幕を自動翻訳する方法もあります。

YouTubeで日本語字幕で見る方法はこちらです

(「とな墓」エピソード1、2の紹介記事の該当項目に飛びます。)

メインキャスト

  • Mes役:Singto Prachaya
  • Thun役:Ohm Pawat

主役二人の紹介記事はこちらです。(エピソード1~2の紹介記事に飛びます)

ep7ネタバレあらすじ


ネタバレありですので、ご注意下さい。

Thunのお母さんがMesの知り合いだったことが判明。

Thunは、お母さんをMesのお墓に連れて行きます。

お母さんも霊感がある人だったので、Mesの姿を見ることができ、20年ぶりに再会。

「亡くなったこと知らなくて、ごめんなさい」

涙がこぼれます。

「病気のこと何も言ってなかったし、知らなくて当然だよ。

それより、別れたときのこと傷つけてしまってごめん」

「それはもう全然気にしてないわ」

20年ぶりの再会はお互いにとって癒しの時間になりました。

やっとMesと再会できたThunは、Mesに戻ってきて欲しいと頼みます。

「帰って来て。

俺のことどう思ってる?」

「俺の気持ちは関係ない。

俺は幽霊で、Thunは生きてるんだよ」

二人は住む世界が違うし、未来性のない関係です。

「じゃあ、せめて約束を守らせてくれる?」

ThunはMesに必ず助けると約束していました。

「P’Mesの住んでた家が分かったんだ」

そして、コンドミニアムに戻った二人。

「もう二度とどこにも行かせたくない。

一緒にいる時間を大切にしたい」

Mesにあとどれくらい時間が残されているのか分からない状況で、二人だけのかけがえのない夜を一秒一秒大切に過ごします。

次の日、ThunとMesは、生前Mesが住んでいた家に行きます。

今その家には、Thunの友達のPraiと彼女のおじいさんが住んでいます。

その家で、生前のMesの写真を見つけるThun。

その写真を見たMesは自分がPraiの名付け親であり、親戚であることを思い出します。

Praiから家の中に秘密の部屋があると聞き出したThunは、その部屋に侵入すべく計画を立てます。

Thunは、親友KhemとPrinceに全て打ち明けて協力を仰ぐことに‥‥。

Thun×Mes(OhmSingto)


以前一度Mesを失いかけたThun。

戻ってきてくれたMesを甘やかします。

「Thunは俺を甘やかしすぎ」

「俺はしたいことをして、言いたいことを言って、見たいものを見る」

Mesを優しく見つめるThunの眼差しが愛情てんこ盛り。

触れられない、そっと見つめるだけの恋。

しかも、期間限定。

乙女心のツボ押しまくりやんか!

うっかりMesと一緒に心臓発作おきるでしかし!

ドキドキはらはら!手に汗握る展開


キャビネットに隠された秘密の部屋。

それがMesの部屋でした。

家の人に見つからないように、こっそり部屋に侵入するThunとKhem。

スリル満点のシーンです!

そして、Mesが、自分が死んだ場面を思い出す辛いシーンでもあります。

ぴしん(Singto)推しには、マジ胸が痛い!

あまりに苦しいので、薄目で目をそらしつつ視聴。

ぴしん推しのオタクは閲覧注意!!!

ThunのママとMesの再会シーンが泣ける

ThunのママとMesがお墓で再会するシーン、地味だけど涙腺崩壊です( TДT)。

ぴしんがママ役の女優さんリスペクトしてたけど、本当に凄い!

迫真の演技!

学生の頃大好きだった優しいイケメンが、昔のままの姿で現れたら 泣けるよね~。

Thunじゃないけど、軽率に連れて帰りたくなるよ。

誘拐したくなるよね~(T△T)

はあ。かわいい。

原作がDek-Dで無料で読めます


Dek-Dで、原作の一部が読めます。

「larza」さんの2017年の作品です。

リンクはこちらです

タイ語ですが、自動翻訳で日本語で読めます。

まとめ

SingtoOhm主演、人間と幽霊のBLドラマ「Come To Me」。

エピソード7は、色々と胸が苦しくなるシーンが多いです。

ThunのMesへの気持ちが切ないし、

Mesの死因に迫るシーンは辛いし、

油断すると、Mesと一緒に召されそうになるので、気をつけて!

次回はいよいよ最終回!

気をしっかりもって、折れない心で見なければ!

次回エピソードの紹介記事はこちらです

主題歌(Singtoバージョン)


▲「Come to me」 主題歌

番組の主題歌のぴしん(Singto)バージョンがあります。

ぴしんの甘い声が素敵なので、是非!

英語と中国語の歌詞もついてます。

ドラマの世界観に浸れます!

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments