「Lovely Writer」エピソード7

「Lovely Writer/ラブリー・ライター」ep7ネタバレあらすじ、ビハインドシーン、感想レビュー、KAZZマガジン

2021年4月7日「Lovely Writer/ラブリー・ライター」エピソード7が配信されました。


■この記事はこんな方にオススメ
・「Lovely Writer」エピソード6までは履修済み
・エピソード7をさくっと知りたい
・ネタバレOK
・ショタ属性のオタクである
・ビハインドシーンを見たい

 
エピソード7は、ちびNubsibとちびGeneの出会いと別れが描かれてます。NubsibのGeneへの長年の想いがよく分かるよ。ショタ属性のオタクはカモン!

■この記事でわかること
「Lovely Writer」
・エピソード7ネタバレあらすじ
・感想レビュー
・ビハインドシーン
・KAZZ MAGAZINEインタビュー、グラビア
・主題歌、挿入歌(エンディング)

スポンサーリンク

「Lovely Writer」配信情報


▲日本語字幕

配信情報は、こちらです

ep7ネタバレあらすじ


子どもの頃、NubsibとGeneは近所に住んでいました。

偶然知り合い、一緒に遊ぶようになります。

年上のGeneは、Nubsibの母親の体罰から身を呈して彼を守ろうとします。

それがきっかけで、すっかりGeneになついたNubsib。

だけど2年後、Geneは遠くの学校へ行くことになってしまいました。

二人に別れが訪れます。

それ以来、Nubsibはずっと寂しさを抱えてきました。

嘘をついてまでGeneのコンドミニアムに転がり込んだのは、一緒にいたかったから。

そして、Geneの弟になりたい訳じゃないから。

NubsibはGeneに本心を打ち明けました。

 
確かに再会した時点で幼馴染みだと伝えていたら、GeneはNubsibを「弟」として見てただろうし。そうなると、恋愛感情には発展しなかったかも。

感想レビュー

Nubsibの計画的犯行と自供


エピソード6でコンドミニアムを飛び出したGene。

執筆用の別宅に滞在しています。

Nubsibはそこへ押し掛けて、

  • 「住むところがない」とか、
  • 「車がない」とか

今まで嘘をついていたことを謝り、計画的犯行を認めて犯行の動機を説明します。

「子どもの頃別れてからずっと寂しかった。

Geneが好きなんだ。

Geneのオンリーワンになりたい」

などと供述。

反省の色を見せたので

「これからは何でも思ったことを口にすること」を条件に許してもらいます。

でも正直に

「キスしたい。

Geneがほしい」

と言ったら、

「全部は言わなくていいんだよ」

って、ツッコミ入ってました(笑)。

「Lovely Writer」エピソード7
 
Geneがいつまでも本気でNubsibを怒れないことまで、Nubsibはおり込み済だったような気がする(笑)

ポッキーとドラゴンのぬいぐるみ


前のエピソードで、Nubsibが部屋や車にドラゴンのぬいぐるみを置いていた理由が今回のエピソード7でわかりました。

ドラゴンは、子どもの頃ちびGeneのお気に入りのぬいぐるみでした。

それからエピソード5でNubsibがGeneにポッキーを食べさせるシーンがあったけど、ポッキーは、子どもの頃Geneが仲直りのためにNubsibに持ってきてくれたお菓子でした。

Geneのことは何でも覚えてるNubsib。

結局Geneは子どもの頃から自分を慕ってたNubsibを本気で怒ったりできないし、NubsibはGeneのためなら手段を選ばない怖い彼氏。

もうGeneはNubsibから逃げられへんで(笑)。

ビハインドシーン

インタビュー


英語字幕がない( ;∀;)。

タイ語がわかる読者さんもいるかもなので、置いておきます。

KAZZ MAGAZINE

▲しゅっとしてるKaoUp

ツイート内のKAZZのリンク先には、KaoUpのクールな写真とインタビューがあります。

  • 二人のお互いの印象
  • ラブシーンを演じてどう思ったか
  • ボーイズラブドラマに出演すること

などについての二人の気持ちがわかります。

自動翻訳で読めます♪

主題歌


英語字幕ついてます。

ポップで、かわいいミュージックビデオv

歌詞は原作に則した内容になってます。

エピソード7を見ると、歌詞の意味がわかります(笑)。

子どもの頃、Nubsibと仲違いしたGeneが

「仲直りしよ。

10数えるからほっぺにキスして」

って言うシーンがありました。

挿入歌(エンディング)


英語字幕あり。

ちょっとムーディでスローな歌。

夜のデートのBGMにぴったりな雰囲気。

ドラマの世界に浸ってみませんか?

原作小説『Counting to 10 and I will kiss you』

原作小説のタイトルは、『Counting to 10 and I will kiss you』。

Dek-Dで、原作小説の一部が読めます。

タイ語なので、自動翻訳を使ってください。

リンクは、こちらです

まとめ

「TharnType」の監督による新作BLドラマ「Lovely Writer」。

エピソード7は、子どもの頃のNubsibとGeneの出会いと別れが描かれています。

子どもの頃からのNubsibの想いがわかって、胸にクルものがあります。

「Lovely Writer」は、ジオブロックを外してWeTVかYouTubeで見られます。

U-NEXTに加入している方は見放題で見ることもできます。

ただし、U-NEXTも当分は英語字幕になります。

U-NEXTに加入してない方は、初回入会31日間無料お試し期間があるので、最終回の配信があるまでしばらく待ってから加入すれば、全話無料で一気に見ることができるのでお得です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

次回エピソードの紹介記事は、こちらです

スポンサーリンク
「Lovely Writer」エピソード7
最新情報をチェックしよう!
0 0 vote
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments