「Manner of death」ep4

「Manner Of Death/マナー・オブ・デス」ep4ネタバレあらすじ、原作との違い、感想レビュー

2020年12月21日、「Manner Of Death(マナー・オブ・デス)」エピソード4が配信開始されました。

シリアルキラー?の容疑者と法医学者の恋愛と一連の殺人事件を描いたタイBL「Manner of death the series」。

エピソード4では、バンとテーンの親密さが増していく一方で、テーンの秘密が次第に明らかになっていきます。

今回は、

  • 原作小説
  • 配信情報
  • エピソード4ネタバレあらすじ
  • メインキャスト
  • 感想
  • 原作とドラマの違いもご紹介します。

※まだ「マナー・オブ・デス」を見たことがない方は、エピソード1の紹介記事はこちらです

スポンサーリンク

原作小説『Manner Of Death』日本語訳


manner-of-death

Sammon原作日本語訳が2021年1月20日発売になりました。

アマゾン限定で、書き下ろしイラストデータが特典でつきます。

詳細は、上(↑)の画像にリンクが貼ってあります。

原作小説の魅力、ネタバレあらすじ、ドラマとの違い、感想レビューなどの紹介記事はこちらです。 (犯人ネタバレもありますが、文字の色を白くしてあるので、ネタバレ大丈夫な方のみ文字の色を反転させてお読みください。)

日本語字幕配信情報

配信情報は、こちらです

(「Manner of Death」エピソード1の紹介ページの、該当項目に飛びます。)

ep4ネタバレあらすじ

バンはテーンの家で拳銃を見つけます。

テーンに不審を抱くバン。

数日後、バンの勤める病院にバイク事故にあったタットがやって来ます。

しかし、彼にはバイクの事故とは別の傷が肩にありました。

その傷はバンが脅迫者に負わせたガラスの傷によく似ています。

この子が脅迫を?

しかも、彼はテーンの教え子?です。

バンの心に疑問が沸き上がります。

その頃テーンは、プードの兄に会いに行きます。

テーンにとっては、腹違いの兄。

テーンは愛人の子供で、母親は既に他界。

父親や腹違いの兄弟とは不仲であるようです。

「テーン。お前、プードに何をした?」

「パブの話をして別れただけです。

信用できませんか? それとも俺のこと嫌いですか?」

「両方だ! とにかくプードを無事に返してくれ」

テーンは兄に、プードの失踪に関係があると疑われています。

バンはジェーンの死を自殺として処理しようとする警察に対抗するため、記者のインタビューに応じます。

インタビューはネットで公開されて反響を呼び、警察は否応なく殺人事件として捜査を開始することに。

テーンは向こう見ずなバンを心配しますが、テーンには秘密がありました。

テーンは脅迫者と繋がっていただけでなく、プードの居場所も知っていたのです。

※Manner of Death(死亡の種類)とは死に至らしめる特定の状況であり、「病死及び自然死」「事故死」「自殺」「他殺」「不詳」 などがある。

引用:RakutenTV

キャスト


▲引用:RakutenTV

テーン×バン(MaxTul)

バンとテーンの共同生活は一見順調。

料理ができないテーンをからかうバン先生。

「料理ができる男は、魅力3割増しなのにな」

「俺の魅力が不十分だと?」

「全然ダメだろ。ガールフレンドがいないのも納得だな」

「欲しくないし、必要ない。

毎日料理を作ってくれて、一緒にテレビを見て、隣で眠ってくれる人がいる。」

テーンにぐいぐい来られて、キョドるアラサー、バン先生がかわいい。

乙女か!

この二人って、会話が尊いねん。

初めて出会ったときのことを尋ねる会話もそう。

「バン先生。どうしてキスしたの?」

「酔ってたんだ。

でもお前は酔ってなかったんだろ。

お前こそなんでキスしたんだよ」

「俺はただ礼儀正しくしてただけ」

「礼儀正しく?」

「俺が本当にどれだけ礼儀正しいか知りたい?」

このセリフをゼロ距離攻撃されたバン先生、もう落ちてるよね(笑)。

Dek-Dで原作が読める

「Manner Of Death」原作小説の一部が読めます


▲出演者インタビュー

Dek-Dで12月15日現在、原作の一部が読めます。

タイ語です。

自動翻訳で日本語で読めます。

リンクはこちらです

原作小説とドラマの違い

Dek-Dで読める原作の第10章まで読んでみました。

結構ドラマと違いますね。

以下は原作ネタバレなので、ご注意ください!

例えば、原作では

  • テレビドラマ、エピソード1のキスシーンはなし
  • テーンの母親は生きている
  • テーンとバンは、テーンの家の別々の部屋で暮らしてる
  • バンの元カノや元カレが登場する(ドラマでは今後登場するかも?)

上記以外にも、他にも沢山違いがあります。

ドラマは警察や記者など人間関係がより複雑になっているし、視覚効果を使った演出や、タイ内陸の美しい風景、クラシックな建築など、テレビドラマならではの良さもあります。

小説の魅力は、病気や怪我の症例や医学部の実習などがリアルに描かれているところ。

あとキャラクターが微妙に違うのも面白いですね。

ドラマのエピソード3で、バン先生がテーンの口に手を突っ込むシーン、ドラマではテーンのセリフは「先生の指、良い匂いがする」でした。

でも原作ではテーンのセリフが

「レイプされた気がする」

となっていて爆笑w

ドラマのテーンの方が謎めいてるし、駆け引きめいたセリフも多い気がします。

2021年1月20日に発売された原作小説日本語訳の魅力、ネタバレあらすじ、ドラマとの違い、感想レビューなどの紹介記事はこちらです。 (犯人ネタバレもありますが、文字の色を白くしてあるので、ネタバレ大丈夫な方のみ文字の色を反転させてお読みください。)

ブルーレイBOX

2022年1月14日発売。

封入特典

初回限定版特典:ポストカード3枚組
封入特典:20Pブックレット

特典映像

メイキング 他

2021年半ばに続編小説も出る

タイでの話になりますが、2021年半ばに続編が出るそうです。

一部がDek-Dで読めます♪

日本で出版されるかどうか分からないので、できるだけDek-Dで読んじゃうのもありかと思います。

リンクはこちらです

まとめ

タイのBLドラマには珍しい本格クライム・サスペンスBLドラマ「Manner Of Death」。

エピソード4は、バンとテーンの親密さが増し増しになる一方で、テーンの怪しさも増してきます。

キン肉マン、アラサー主人公のボーイズラブ・ミステリはいかがでしょうか?

次回エピソード5の紹介記事はこちらです

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


manner-of-death

スポンサーリンク
「Manner of death」ep4
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments