「Manner of death」ep7

「マナー・オブ・デス/Manner Of Death」ep7ビハインドシーン、ネタバレあらすじ、感想レビュー

2021年1月4日、「Manner Of Death(マナー・オブ・デス)」エピソード7がWeTVのVIP会員用に先行配信されました。

現役ドクター原作の本格サスペンスタイBL「Manner of death the series」。

MaxTul主演。

「Manner Of Death」エピソード7は、死亡前夜のジェーンとプードの喧嘩の原因や、黒幕が明らかになっていきます 。

今回は、原作、日本語字幕配信情報、視聴方法、エピソード7ネタバレあらすじ、ビハインドシーン、感想などについてご紹介します。

ネタバレありですので、ご注意下さい。
スポンサーリンク

原作小説『Manner Of Death』日本語訳


manner-of-death

Sammon原作日本語訳が2021年1月20日になりました。

アマゾン限定で、書き下ろしイラストデータが特典でつきます。

詳細は、上(↑)の画像にリンクが貼ってあります。

原作小説の魅力、ネタバレあらすじ、ドラマとの違い、感想レビューなどの紹介記事はこちらです。 (犯人ネタバレもありますが、文字の色を白くしてあるので、ネタバレ大丈夫な方のみ文字の色を反転させてお読みください。)

日本語字幕配信情報

①RakutenTVで日本語字幕で見る

2020年11月30日、RakutenTVで配信開始となりました。

配信スケジュールは以下のとおりです。

▲引用:RakutenTV

※料金は変更になることがあります。

RakutenTVのリンクはこちらです

②衛星劇場で日本語字幕で見る

2021年2月7日(日)深夜0:15~衛星劇場で放送開始です。

スカパーやひかりTV、ケーブルテレビなどで申込み・視聴できます。

③WeTVで、英語字幕か日本語字幕で見る

VPNアプリを使ってタイかシンガポールにネットワーク接続し、WeTVの専用アプリを起動すれば見ることができます。

VPNアプリは地域による視聴制限(ジオブロック)を外すことができるアプリです。Google Playでダウンロードできます。有料無料色々ありますがセキュリティ重視で選びましょう。ダウンロードした後、接続する国を選ぶことができます。なおドラマを見終わったら、接続は切っておきましょう。個人情報保護のためにその方が安全です。VPNアプリの選び方はこちらです

WeTVはアメリカとか中国とか、世界のあちこちにあります。

試しにアメリカのWeTVで「Manner Of Death」があるかどうか検索してみたけど、見当たらなかったので、中国とかタイのWeTVで見るのが良さそうです。

普通に見るだけなら無料ですが、課金してVIP会員になれば、次回エピソードが一週間早く見られます。

英語字幕が付いてます。

パソコンなら、 日本語への自動翻訳も可能。

今回のドラマは法医学が専門の主人公なので、専門用語が出て来たりして、英語字幕は厳しいかもしれないと思ってましたが、実際に視聴してみたら、そんな心配は杞憂でした。

難解な単語はないし、薬の名前や聞き馴れない単語にはカッコ書きで、解説字幕が付きます。

親切設計なので、大丈夫です。

英語字幕が消えるのが早いと感じた時は一時停止もあるし、自分のペースで見られますよ。

④ビデオマーケットで日本語字幕で見る

プレミアムコースは月額500円(税抜)。

日本語字幕。

初月無料。初月に解約すれば料金は発生しません。

毎月550ポイントもらえるので、ポイントを使って視聴できます。

ポイントが足りなくなったら、更に課金が必要。

ビデオマーケットのリンクはこちらです

ep7ネタバレあらすじ

エピソード7はジェーンが亡くなる前夜、パーティでのプードとの喧嘩のシーンから始まります。

「彼らがどんなに力があるか知らない訳じゃないだろ」

「もちろん、知ってるわ。

だって、あなたに私を売らせたんだから!」

「戻って謝れ。バカなまねは止めろ」

「彼らなんか怖くない。私は正しいことをするわ。」

「君が心配なんだ」

「あなたは自分の心配をすべきよ。役立たず!

あなたは彼らのサポートなしには生き残れない」

どうやらジェーンはプードに裏切られたようでした。

バンは殺されたパットの胃の中から見つけたSDカードのデータを確認。

データは動画でした。

そこにはメタンフェタミンを投与され、Song chai議員と警察のTung司令官に性的虐待を受けているジェーンの姿が写っていました。

ジェーンがプードに売られたと言ったのは、どうやらこのことだったようです。

前のエピソードで、テーンとバンはジェーンが中絶したのはプードの子どもだと考えていましたが、実は議員の子どもだった可能性が高くなりました。

夜、テーンが共同経営者を勤めるバー「ザ・ミスト」に行ったバンはそこでタットを見かけます。

テーンによると、タットもテーンもポー(Por)のために働いているとのこと。

以前ソーン(ソラウィット)から「タットはポーとダムのために働いている」と聞いたことがあるバンはテーンに聞いてみます。

「ダム(Dam)のこと知ってる?」

「名前は聞いたことがある」

「調べてくれないか?

彼は人殺しかもしれない」

了承はしたものの微妙な表情のテーン。

翌朝、バンはテーンの腕時計を見て、それがプードが持っていた限定品の腕時計と同じデザインであることに気づきます。

確かプードは腕時計を「父親からもらった」と言っていました。

バンの心に疑惑が広がります。

その頃警察は押収したパットの携帯やノートパソコンを調べていました。

そして、ジェーンの姉ルンティワーがパットに大金を送金していることに気づきます。

ルンティワーに確認すると

「ジェーンの事件の重要な証拠があると言われてお金を払ったけれど、結局証拠を受けとることはできなかった」

という返事。

このことから警察は、パットの事件とジェーンの事件が関連していることがわかりました。

警察は警察で捜査を進めていますが、警察を信用できないバンはどうしてもパットのノートパソコンを警察から取り戻したいと考えるようになります。

でもさすがに警察署から盗み出すことはできません。

「俺に考えがある」

と言ったテーンはノートパソコンが警察署から持ち出されたタイミングを狙って盗み、自宅に持ち帰りましたが‥‥。

※Manner of Death(死亡の種類)とは死に至らしめる特定の状況であり、「病死及び自然死」「事故死」「自殺」「他殺」「不詳」 などがある。

引用:RakutenTV

ビハインドシーン・デリートシーン

▲番組プロデューサーによるビハインドシーン(笑)。ラブシーンの後かな?
▲無心に踊る姿に爆笑!
▲キン肉マン(笑)

キャスト


▲引用:RakutenTV

テーン×バン(MaxTul)

失敗しながらもYouTubeを見て料理に挑戦しているテーン。

でも卵料理は作りません。

理由は「バン先生がつくってくれるのを待ってるから」。

甘えん坊か!

その後、ノートパソコンを盗んだ後、心臓バクバクしたどさくさ紛れ?に二人はベッドイン(笑)!

え!このタイミングですか?

今ですか? 今でしょ!

いやはや、大人の貫禄と経験値を見せつけるラブシーンでした(///ω///)♪

ご馳走さまでした。

それ以降新婚ムードの二人。

「バン先生。今夜はバーの仕事で遅くなる」

「終わったらすぐ帰ってこいよ。

食事するの忘れるなよ」

「気にかけてくれてるんだ?」

「いや、全然」

「俺はいつも気にかけてるよ」

甘~~~いピンクオーラだだ漏れ(笑)!

結局お弁当をつくって、バーに持っていってあげるバン。

manner-of-death-ep7-box
▲前回よりかわいさ増し増しのお弁当v

でもバーで、テーンが誰かを暴行しているのを見てしまいます。

テーンがダムなのか?

帰宅したバンは深夜帰って来たテーンに銃口を向けます。

エピソード7はバンがテーンのこめかみに銃口を当てたところで終わりです。

来週が待ち遠しい!

ソーン(ソラウィット)×タット

タットは、ソーンに頼まれてナムを連れ去った怪しい黒いバンを探すことに。

プレートナンバーは9。

見つけて尾行したところ、行き先はルンティワーのマッサージサロン。

車に乗っていたのは議員でした。

尾行を見つかったタットは怪しまれないように、自分もマッサージを受けることに。

その後、マッサージオイルの良い匂いをさせて帰ってきたタット。

ソーンはからかいます。

「なんだか今日は疲れてるみたいだね。

マッサージ師が素敵だったんだ」

てっきり性的マッサージサービスも受けてきたと誤解w

「違う!

ただマッサージしてもらっただけだ。」

「本当にマッサージだけ?」

「なんだよ。ヤキモチ焼いてんのか?」

「誰がだ!」

ほほえましい二人(///∇///)。

テーン×バンの大人カプも素敵だけど、若い二人も尊いデスナ。

暗い場面も多い、このドラマの清涼剤です。

おばちゃん、二人に飴ちゃんあげたくなるで。

Dek-Dで今すぐ無料で原作が読める

「Manner Of Death」原作小説の一部が読めます


▲出演者インタビュー

Dek-Dで2020年12月15日現在、原作の一部が読めます。

タイ語です。

リンクはこちらです

自動翻訳で日本語で読めます。

2021年半ばに続編小説も出る

タイでの話になりますが、2021年半ばに続編が出るそうです。

一部がDek-Dで読めます♪

日本で出版されるかどうか分からないので、できるだけDek-Dで読んじゃうのもありかと思います。

リンクはこちらです

まとめ

タイのBLドラマには珍しい本格クライム・サスペンスBLドラマ「Manner Of Death」。

エピソード7は、ジェーンとプードの喧嘩の原因と、ジェーンの痛ましい過去が明らかになりました。

そして、テーンの正体も?!

オタク的には大人の貫禄と経験値を見せつけるテーンバン(MaxTul)のラブシーンが眼福でございました。

そして、タットとソーンの二人もきゃわいくて、くすぐったい気分になりました(≧▽≦)

アラサー主人公の大人の本格ミステリBLドラマはいかがでしょうか?

次回エピソード8の紹介記事はこちらです

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


manner-of-death

スポンサーリンク
「Manner of death」ep7
最新情報をチェックしよう!
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments