「Oxygen the series」ep6ネタバレあらすじ、感想レビュー、相関図

今回は「Oxygen the series」のエピソード6のあらすじ、感想などをネタバレありでお伝えします。

エピソード6は、Soloのバックボーンが明らかになり、新キャラJayが登場、SoloとGuiの同棲もスタートします。

※まだ「Oxygen the series」を見たことがない方は、エピソード1の紹介記事はこちらです

スポンサーリンク

「Oxygen the series」を見る方法

①公式に課金して見る

公式Facebookはこちらです

スペシャル映像とか見られるらしいです。

例えば、YouTubeでほっぺにちゅーになってたシーンが、唇にちゅーになってたり(笑)、オタクのツボをついてくる卑怯な(誉めてる)特典です。

②ジオブロックを外してYouTubeで見る

※2020年10月現在、ジオブロックがかかっていますが、ジオブロックを外せば、YouTubeで今すぐ無料で見ることができます。

字幕は英語字幕ですが、日本語へ自動翻訳することもできます。

ジオブロックの外し方と、自動翻訳の設定方法はこちらです

※上のリンクは「Still 2gether」紹介ページのジオブロックについての項目に飛びます。ご注意下さい。

③楽天TVで日本語字幕で見る

楽天TVで、2021年10月1日から配信開始。

④WOWOWで日本語字幕で見る

2021年1月14日(木)からWOWOWオンデマンドにて毎週1話ずつ配信。

スカパー経由でWOWOWの放送を見ることもできます。

メインキャスト

  • Solo:(Nut) Supanut Lourhaphanich
  • Gui:(Petch) Chanapoom Thenwong
  • Kao:(Boss) Thanabat Ngamkamolchai
  • Phuri:(Phu) Phubeth Tharathonchanakul
  • Dr.Petch:(Kun) Kunchanuj Kengkarnka
  • Dr.prth:(Yuuki) Durongsang

ep6ネタバレあらすじ

ボランティア・キャンプの夜、Kaoが気をきかせて、SoloとGuiを二人きりにしてあげます。

一瞬鼻息を荒くしたオタクでしたが、

勝手にGuiのIDカードを確認した罰として、別々のベッドでご就寝。

「やだやだやだ」とごねるSoloわんこがかわいい!

▲エジプトのミイラの姿勢で寝るGui(笑)

翌朝には、Guiがもうすぐ3ヶ月のインターン研修に行くと知って

「聞いてない!」

とおかんむりSolo。

ぶんむくれのSoloに

「そういえば、俺の部屋暑くて、集中して本が読めないんだ。

お前の部屋で読んで良い?

俺のこと怒ってるなら止めとくけど‥‥」

と必殺上目遣いGui。

あっという間に機嫌が直るSolo、ちょろすぎ(笑)。

Guiは結構やり手だな。にやり。

インターン研修も近いし、どうせならもう一緒に暮らしちゃう?となる二人でしたが‥‥。

Solo×Gui

もうすぐインターン研修に行くことになったGui。

行き先は、Hatyai。

Hatyaiは、マレーシアとの国境に近いタイ南部のビジネス都市。

Wikipediaによると、市内の人口は156,802人(2019年)、ハジャイ地域の人口は約80万人。

hatyai
▲Googleマップ

バンコクから車で12時間。電車で17時間。飛行機で1時間半。

結構遠い。

これはSoloが寂しがるのも無理はない。

GuiのホットミルクがないとSoloは眠れないし、研修が始まる前にもっと一緒にいたいから同棲、っていうのは自然な成りゆきですね。

同棲開始にあたって、SoloはGuiの洋服を大人買い。

クローゼットの一部分丸ごとGui用スペースにします。

あれって、ショップに行って「ここからここまで全部ください」ってパターン?(笑)

お揃いのシベリアンハスキーのイラストがついたマグカップも購入。

穏やかならぶらぶ同棲生活スタートです。

PhuriKao

前回のエピソード5でのPhu(Phuri)の冷たい態度が気になるKao。

Phuに電話をしても出てくれないので、Phuの学部に向かいます。

しかし、そこでエピソード4でケンカになりかけた4年生とばったり再会。

今度はガチの喧嘩になってしまいます。

他のドラマもそうだけど、相変わらず、タイのBL界隈は治安が悪い(^_^;)

3人相手で圧倒的に不利なKaoを助けてくれたのはPhuでした。

「俺のウサギに手を出すな」

Phu、カコイイ! 男前!!!

怪我をしたKaoを自宅に連れて帰って、手当てをしてくれます。

がしかし、‥‥。

殴られたのは顔なのに、なぜKaoのシャツを脱がす?

横になるなら、まず靴を脱がすべきでは?!

そんでもって、Phuが用意した着替えのパジャマに愕然!!!

oxygen-the-series-ep6

Phu!! ! どこでそんなパジャマ買った?

どんな顔して買った? ??

オタクが呆然としていると

「以前ここに住んでた弟のだ」

との釈明。

あ。なんだ、そっか。弟セレクトなのね。

おばちゃん、ちょっと安心したよ。

ケンカの後、Kaoを殴ったのはPhuだという噂がたちます。

その噂を訂正するため、Phuにうざがられながらも、KaoはPhuとらぶらぶなところを周囲にアピール。

「俺の特別な人のために、間違った噂を流さないで」

と投稿します。

「俺は、お前が思うほど良い奴じゃない。

俺をもっと知ったら嫌いになる。

お前は若いし、たくさんの選択肢がある。

本当に俺が好きなのか、それとも恋愛ゲームに勝ちたいだけなのか考えろ」

「嫌いになんかならない!

俺は、俺の気持ちに正直でいる!」

迷いゼロで即答するKaoでしたが

「時間をかけて、もっとじっくり考えろ」

と宿題を出されました。

あと、これはほんのちょっとしたシーンなんだけど、ナンパされたKaoを車から締め出すPhuに1億円あげたい。

尊い!

Dr.Petch×Dr.prth

腐女子Khimの病状を心配し、彼女に生きる糧を与えるために

「俺、男性が好きかも」

と口走ってしまったDr.Petch。

何となくKhimの誤解を解くタイミングを逃してしまいます。

引火性の強い餌を与えられて、噴火暴走する強火オタクKhim。

Dr.Petchの恋愛の参考になるように、紙袋に山程のBL本を詰め込んでDr.Petchに押し付けようとします。

が、本が重すぎて、紙袋の底が抜け、病院の廊下にばらまかれるBL本たち!!!(爆)

しかも、紙袋からこぼれ出てきた本はびっしり付せん付き!!!(笑)

イタイ。痛すぎる。

そして、なんだかごっつ身につまされる(笑)。

不幸中の幸いは、本の表紙が肌色じゃなかったことかな。

で、Dr.Petchを理想の攻めにするための、腐女子のはた迷惑な努力?の効果があったのか、というと決してそんなことはなく。

ひたすら迷走する天然Dr.Petch。

ひたすら迷惑を被るDr.Prth。

ラブにはまだまだほど遠い状態です。

Soloのパパと新キャラJay

Soloのパパは大手ホテルチェーンのオーナー。

Jayは、Soloの父親の秘書です。

Soloの母親が亡くなった後、子どものSoloの面倒を見てくれた人で、Soloとは親しい間柄。

そのJayからSoloに電話がかかってきます。

「お父さんが怒ってる。

Guiをトラブルに巻き込みたくなかったら、Guiから手をひいて」

でも、SoloはもうGuiと別れるなんてできないし、Guiも同じ気持ち。

二人の覚悟を聞いたJayは

「二人でそう決めたのなら、もう言うことはない」

と、受け入れてくれます。

次の5行程は原作のネタバレなので、ネタバレ大丈夫な方のみ文字を反転させてお読みください↓↓↓

ちなみに、Jayって、原作ではSoloのパパとできてるらしいw

だから、SoloとGuiのこと、理解してくれたんやろか。

JayとSoloのパパとの関係が気になって眠れへんーーー!!!(歯ぎしり)

ミドルエイジのカプって、タイのBLドラマでは見たことないので、今後のドラマに注目!

まとめ

視聴者を酸欠にするBLドラマ「Oxygen the series」。

エピソード6では、新キャラJay登場。

SoloとGuiは同棲スタート。

Phuri×Kaoシーンもじわじわ関係を深めています。

次回エピソード7の紹介記事はこちらです

キャラ相関図

ツイッターにありがたい相関図がアップされてたので、シェアします。

Phuri×Kaoの物語、『Nitorogen』との繋がりも分かりやすい!

感謝ーーー!

原作「Oxygen」が無料で読める!

①wattpadで読む

原作小説がwattpadで公開されています。

作者の許可を得て、ファンが英訳しているようです。

PDF形式なので、ブラウザの自動翻訳は使えません。

「リンクをシェアしないください」ということなので、すみませんが、ご興味のある方は「Oxygen」「wattpad」で検索してください。

そういえば、「2gether」も以前は、「Oxygen」同様にファンが英訳した小説がネットでアップされていたけれど、いつのまにか閉鎖されていました。

なので、「Oxygen」もいつ閉鎖されるか分かりません。

原作を英語で無料で読みたい方は、急いだ方が良いかもです。

②Dek-Dで読む

こちらはタイ語です。ブラウザの翻訳機能を使って日本語で読めます。

リンクはこちらです。無料です。

wattpadよりこちらの方が自動翻訳が使える分、多少は読みやすいかも

※最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments