『聖なる黒夜』柴田よしきの名作BLミステリ(麻生シリーズ)の感想

『聖なる黒夜』柴田よしき

柴田よしきの『聖なる黒夜』をご紹介します。

複雑な人間関係と過去の因縁が多層的に絡み合っている

愛憎どろどろのダークな雰囲気のミステリ小説です。

麻生龍太郎シリーズの内の一冊ですが、麻生が私立探偵ではなく

まだ刑事の頃のストーリーです。

上巻には短編小説「歩道」、

下巻には短編小説「ガラスの蝶々」をそれぞれ収録しています。

スポンサーリンク

あらすじ

暴力団幹部、韮崎誠一が殺される事件が発生。

普段用心深いはずの韮崎が、ホテルのバスルームで喉を裂かれていました。

殺害状況から暴力団に雇われた殺し屋による犯行が疑われます。

警視庁捜査一課麻生龍太郎は捜査を開始、韮崎の周辺を洗い始めました。

そして、捜査線上に上がってきた1人の男と再会。

男の名前は山内練。

山内は韮崎の愛人だったが、かつて麻生が逮捕したことのある男でした。

捜査は難航し、山内の逮捕も誤認逮捕だった可能性が出て来て‥‥。

主人公カプ: 無神経な攻め × ビッチな受け

あーーー。この主人公麻生がですねーーー。

もう絵に描いたような無神経で鈍感な男なんですよ(´▽`;)ゞ

麻生が通った後には

彼の無神経さの犠牲になった人々の屍が累々と重なってるですよ(笑)。

元カレで同僚の及川もさぞ苦労しただろうなあ( ̄▽ ̄;)

そんで今カレの練ちゃんも現在進行形で苦労してるし(;^_^A

とはいえ、練ちゃんも弱くはない。

したたかで食えないタイプで、

暴力も厭わない今の練ちゃんなら麻生に立ち向かえるかな(笑)。

まあ、練ちゃんが魅力的なキャラなので、

この作品の腐女子への訴求力は練ちゃんにあるかと!

強烈な元カレ韮崎誠一と山内練の関係

病院送りになるほど練ちゃんを何度も暴行したドSの元カレ韮崎誠一と

練ちゃんとの関係性はあまり詳細には描かれていなくて

ポツポツとエピソードが挿入されている程度です。

(韮崎誠一はのっけから既に死んでるので、当然回想シーンしかないし(^o^;))

なので、ある程度読者の想像に任されている部分も多いです。

それでも、自殺しようとした練ちゃんの命を救って、

ニューバージョンの練ちゃんを造ったのはある意味韮崎誠一なので

非常に重要なキーパーソンだし、読者にとってとても興味深いキャラクターです。

ヤクザでサイコで狂暴で、男も女も何人も囲ってて…って、

こんなに強烈な元カレって

ぶっ飛んだキャラが多いBL界隈でもなかなかいないぞ(笑)。

とにかく濃厚な人間関係

主人公たちにしても、犯人の女子チームにしても

この小説で披露されるのはとにかく濃ゆーーーーい人間関係。

柴田よしきの「RICO」シリーズもそうだけど、

この作品の辞書には「あっさり」とか「薄味」という言葉はないです(笑)。

「うーん、今日は何かお腹にたまる濃ゆーい油もの系食べたいな♪」

というときはオススメです。

短編小説「歩道」

山内練が逮捕される前、学生だった頃の、かわいらしい姿を描いた短編小説です。

どこにでもいる学生の日常と練の儚い初恋がふんわりしたタッチで綴られています。

練ちゃんがまだ純朴で大人しくて控えめで、

自分の未来に若者らしい希望を持っていた頃の

爽やかな微笑ましいストーリーです。

短編小説「ガラスの蝶々」

本編の事件解決後、麻生が山内練の姉雛子とともに、

練の郷里を訪ねてウスバシロチョウを探す小旅行の物語。

練は、韮崎誠一に強要されて胸にウスバシロチョウの刺青があります。

ウスバシロチョウは羽がやや透明な蝶で、

タイトルの「ガラスの蝶々」というのはウスバシロチョウのこと。

練の家族関係や練が逮捕されることになった世田谷の事件の真犯人についての

背景が説明されている短編小説です。

ま と め

どろどろねっとりした濃厚な人間関係が錯綜する重たいミステリ小説です。

練ちゃんが非常に魅力的な腐女子向けビッチなキャラなので、

是非ご一読ください。

※最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。



スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

柴田よしきの最新記事8件