エピソード3で、2週間離れて暮らすことになったサラタイ。

前回は寂しそうなタインちゃんの様子をメインに描かれてましたが、エピソード4では、離れている間のサラワットの様子に焦点が置かれています。

そして、気になるプコミルにも進展が!

今回はエピソード4の見所と感想を、ネタバレを含めてご紹介します。

「Still 2gether」の視聴方法と、英語字幕を日本字幕に自動翻訳する方法は、こちらです。(エピソード1の紹介記事の視聴方法の項目に飛びます。)

※2020年11月現在の「2gether」の配信情報はこちらです

※原作『2gether』の日本語訳が発売になりました!

スポンサーリンク

2getherブルーレイBOX初回限定盤


2getherブルーレイBOX初回限定盤

詳細は上(↑)の画像にリンクが貼ってあります。

【限定版特典】

  • アウターケース
  • 大判フォトブックレット(8P)
  • ロケ地ガイドブックレット
  • 日本版ロゴステッカー(すべて予定)   

【特典映像】

  • メイキング映像
  • BrightWinインタビュー(約2分)

ep4ネタバレあらすじ

2週間間、ディム先輩の自宅でバンドの練習をすることになった、

Ctrl+Sのメンバー。

ディム先輩指導のもと、缶詰状態のスパルタ合宿で、スマホまで没収され、練習に集中しています。

しかし、タイン欠乏症のサラワットは、段々症状が重症化していき、とうとうタインちゃんの幻覚まで見るように!

そんなサラワットを見て

「こいつヤバいんじゃね?」

不安にかられるバンドメンバー(笑)。

そんな時、バンドのメンバーTempが胃炎になり、ディム先輩と一緒に病院へ。

「きっと2時間は、帰ってこないな」

そう読んだサラワットは、このチャンスに一度コンドミニアムに戻って、タインちゃんを補充することを決意。

「一人で行かせたら、帰ってこないから」

と、心配したお目付け役の女の子Earnと一緒に、一時帰宅。

そして、プールサイドで、サラワットのぬいに話しかける(笑)寂しそうなタインちゃんを見つけます。

寂しくても我慢して頑張っているタインちゃんを見て、サラワットも我慢して頑張ることを決断。

「俺も凄く寂しいよ、タイン」

そっと呟いて、結局タインちゃんには会わずに、ディム先輩の家に戻ります。

(エピソード3で、タインちゃんがプールサイドで聞いた謎のサラワットの声は幻聴ではなくて、本当の声やってんな)

そして、迎えた「2U」コンテスト当日。

病気のバンドメンバーの代わりを務めてくれることになったのはミル先輩でした。

「どうして引き受けてくれたんですか?」

と、ミル先輩に尋ねるサラワット。

「もし去年だったら、断ってた。でも、今年はすべてが変わったから。」

と答えるミル先輩。

プコンのことはまだ秘密にしているようです。

そのミル先輩にプコンは、思い出のメニュー「豚肉とケールの炒め物」を差し入れ。

ついでに、タインちゃんから預かったサラワットへのお弁当も差し入れ。

愛情の詰まった差し入れでエネルギー満タンになった二人は、演奏に全力投球。

みごとに、勝利を勝ち取るのでした!

マンタイプ(MikeToptap)

サラタイと違って、こちらは本物の遠距離恋愛のマンタイプ。

サッカーユニホームの背中に、タイプさんのニックネーム(英語字幕では「Duper White」。「めちゃくちゃ真っ白」くらいの意味かな)をプリントしたのを見せたくて、タイプさんに連絡するマン。

「Jibに頼んで印刷してもらったんだ!」

と言ったら、

「Jibって、誰?」

と絶対零度の声で返され

「や、話のポイントはそこじゃなくて、ユニホームの背中の文字を見てほしくて‥‥」

「で、Jibって誰?」

焼きもちやいて、追及するタイプさんが尊い(笑)。

それから、サッカーの試合の後

「サッカーの試合で、ファイナルゴール決めたよ!」

と、子供のように嬉しそうにタイプさんに報告するマンもかわゆかった。

サラタイ(BrightWin)いちゃいちゃ

前半、「遠距離恋愛だ」とがっくりきていたサラワット。

でも実は遠距離なんかではありません。

ディム先輩のおうちとサラタイのコンドミニアムは29キロしか、離れてないから!(笑)

それでも、2週間ぶりに会えたシーンでは、二人の笑顔が最の高でした!!!

サラタイの車道を挟んだキスとハートの投げ合いがかわいすぎて、禿げそうになります(笑)。

タインちゃんの笑顔が眩しい!!!

輝度が高すぎて、網膜焼かれます。

プコミル(FrankDrake)、映画デート、リベンジなるか?

「土曜日空いてるか?」

ミル先輩に尋ねられて、またミル先輩の課題を手伝わされるのかと警戒するプコン(笑)。

前回は映画に誘われて喜んだら、実は課題をやらされてガッカリだったもんね~。

▲あざとかわいいプコン

でも、今度は本当に映画に誘ってくれているらしい。

原作では、土曜日当日映画館に行ったら、ミル先輩の見たい映画がゾンビ映画だったので、プコンがげんなりする展開でした(笑)。

ドラマではどうなるかな?

次回予告の映像では、プコンとミル先輩が付き合ってるのが、サラワットにバレてサラワットが怒っているシーンがありましたね。

なんだか、一波乱ありそう。

原作小説との比較

エピソード4は、ほぼほぼドラマオリジナル。

原作にもあったのは、サラワットがタインちゃんに似た人をライブで見かけたことくらいかな。

後で、そのライブにタインちゃんも行ってたことがわかったけど、ドラマのように、タインちゃんが撮った自撮りにサラワットが映りこんでたというようなことはなかったです。

テレビドラマで、タインちゃんの自撮りにサラワットが写っていたという設定は、運命を感じさせる良い設定ですね♪

「俺を見つけてくれてありがとう」

と言うタインちゃんの言葉が染みるです。

※原作の紹介記事はこちらです

「グランド・ブタペスト・ホテル」へのオマージュ

エピソード4で出てきたチアリーダー部のコスチューム、どこかで見た気がするな~と思っていたら、映画「グランド・ブタペスト・ホテル」のホテルの制服に激似!

きっと、映画「グランド・ブタペスト・ホテル」へのオマージュなんやろね。

本当に綺麗で面白くて、細部まで作り込まれた最高の映画だったもんね。

映画「グランド・ブタペスト・ホテル」紹介記事は、こちらです

まとめ

エピソード4のサラタイは、はた目にはちょっとヤバい位(笑)のお互いへの揺るぎない愛があって凄い!

二人のラブラブな空気感が至高です!!!

タインちゃんの笑顔が最高!!!

マンタイプは嫉妬する貴重なタイプさんが見られるし、プコミルは少しずつ関係を深めていて微笑ましいし、お腹が一杯になったエピソード4でした。

次回はいよいよ最終回!

最終回の紹介記事はこちらです

▲エピソード5予告
▲エピソード4のヒバインド・シーン
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments