◆ タイBL関連情報 ◆ 3月1日(月)「My Engineer」U-NEXTで配信開始 ★★★★★3月1日(月)「Still 2gether」RakutenTVで配信開始★

現在、ブログの引っ越し作業中ですが、新しいブログと古いブログでご紹介している腐女子向けのボーイズラブなどの作品の紹介記事をまとめました。

タイトルをクリックすると詳細の紹介記事に飛びます。

旧ブログに飛ぶこともありますが、ご了承下さい。

ご訪問いただいた皆様の充実した腐女子ライフのお手伝いができればと思います。



スポンサーリンク

テレビドラマ

テレビドラマ「ハンニバル」

■「ハンニバル」

『レッド・ドラゴン』『羊たちの沈黙』などでお馴染み、

人を食べちゃう精神科医ハンニバル・レクター博士と

FBI教官ウィル・グレアムの、かなり色々こじらせた血まみれラブロマンス。

番組プロデューサーによると、

「このテレビドラマは、トマス・ハリス原作ハンニバルの2次創作」とのこと。

腐女子の心を持ったプロデューサー、ブライアン・フュラーの傑作です!

ただし、血糊内臓大放出! 出血大サービス中!

海外ドラマ『HANNIBAL/ハンニバル』 シーズン1 (予告)



■「2gether the series」

世界的大ヒット中の、タイのBLテレビドラマ。BrightWin主演。

大学一年生同士の恋愛を描いた可愛いラブコメ。

とにかく顔面偏差値が高過ぎて、目がくらむ錯乱系麻薬ドラマ! 眼福!

腐女子に「タイへ移住すべき?!」と思わせる対腐女子最終兵器!



■「グッド・オーメンズ」

グッドオーメンズ

食いしん坊天使アジラフェルとセクシー悪魔クローリーの、

おっさん同士のイチャイチャらぶらぶが見られるキュートな傑作!

世界の終末というダークなテーマだけど、終始笑っていられるコメディドラマ。

さあ終末だ!どうする?ってなった時のクローリーの口説き文句が良い!

GOOD OMENS Official Trailer #2 (2019) David Tennant, Michael Sheen Fantasy Series HD



■Manner Of Death

現役ドクター原作の本格ミステリBLドラマ。

アラサー、キン肉マンが主人公。

シリアルキラー?容疑者と監察医のラブ。

タイドラマには珍しい大人のカップル。

サスペンスとボーイズラブがどちらもバランスよく堪能できます!

多少血糊や死体の映像表現があるので苦手な方は要注意です。



■SOTUS

タイのメガヒットBLテレビドラマ。KristSingto主演。

KAZZアワード、マヤ・アワードなど数々のベストカップル賞受賞。

ソータス制度とは、先輩が後輩に礼儀や協力、尊敬などを教える制度。

無茶ぶり女王様アーティット先輩が歳下のスパダリ、コングポップを振り回す物語。

最初野良猫みたいにシャーシャー言ってた先輩が、段々デレデレへろへろキャンディになっていくのが見所です。



■「Friend. ShipWith Krist-Singto」

「SOTUS」シリーズの主役カプ、クリスとシントーのらぶらぶデート番組。

毎回二人に無茶ぶりなお題が繰り出されます。

クリスとぴしん(シントー)のリアルなラブが尊い!!!

オタクは禿げそうになる!!!



■「Oxygen the series」

タイの癒し系BLドラマ。

年下無口なワンコSolo×年上癒し系Guiの、穏やかで静かなラブ‥‥

と思ったら、突然いちゃいちゃシーンぶっこんでくるので、心臓に悪い。

YouTubeのコメント欄には、酸欠になった犠牲者の悲鳴が多数!!!



■TharnType

TharnType

タイの人気BLテレビドラマ。MewGulf主演。

大学の学生寮でゲイ嫌いの新入生がゲイと同室になってしまった!

最悪のスタートからのラブコメ。

ちょっとエロいので要注意!!

家族一緒には見られないよ!



■「Theory Of Love」

タイのBLドラマ。OffGun主演。

大学3年生同士の切ない恋愛。映像がスタイリッシュ。

ドラマの前半は攻めの人格がクソ過ぎて辛い‥‥。

でも、後半の巻き返しが凄すぎる!!!

前半は登山だと思って頑張れば、後半必ず絶景が目の前に開けるはず!!!



■「Come To Me」

通称「とな墓」。

日本語タイトルは「彼は清明節に僕の隣の墓にやって来た」。

英語タイトルは、「He’s Coming to me」と表記されることもあり。

人間×幽霊のファンタジーBL。OhmSingto主演。

幽霊ものだけど、全然怖くはありません。

透明感のある切なくて、可愛いラブストーリー。

ぴしん(Singto)とOhmくんの愛らしさに殺られます!



■「TonhonChonlatee」

とにかく、お腹の底から笑えるタイBLと言えば、このドラマ!

ラブより笑い優先!!!

のっけからオタクを笑い殺しにかかってきます!

エピソード1冒頭の陳情令パロだけでも見て!!!



■「Until We Meet Again」

悲恋 に終わった前世の恋を生まれ変わってやり直す切ないBLドラマ。

ロミジュリとか、前世の悲恋とか、昭和の少女マンガのネタをがんがんぶっ込んだら、こんなのできましたって感じかな。

これが意外と刺さるです。



海外文学

■『モーリス』E・M・フォースター

男同士の恋愛を描いた純文学。繊細で叙情的で美しい作品です。

1917年執筆の、世界大戦勃発前のイギリスを背景にした金字塔的ラブロマンス。

同名の映画「モーリス」も、イケメン俳優を集めたとても綺麗な逸品です。

ヴェネティア国際映画祭男優賞等受賞。



■『ブロークバック・マウンテン』アニー・プルー

ブロークバック・マウンテン

男同士の純愛ラブロマンス小説。

O・ヘンリー賞を受賞した痛ましい悲恋ものの名作。

1963年という時代設定なので、まだまだ同性愛が認められていなかった頃の物語。

映画化されて有名になりましたが、

映画もゴールデングローブ賞など数々の賞を受賞した傑作。



■『キャロル』パトリシア・ハイスミス

キャロル、あらすじ、感想レビュー

百合もののサスペンス小説。

『太陽がいっぱい』で有名なパトリシア・ハイスミスの名作。

結婚、子供、経済的自立、自分のアイデンティティーとは?などなど

色々考えさせられる小説です。



■『天使の影』ジョシュ・ラニヨン

『天使の影』ジョシュ・ラニヨン

アメリカ産のボーイズラブ・ミステリ小説。

気楽に読めて、展開も面白い!

大人気アドリアン・シリーズの一作目。

エスな警官と病弱な三十路のカプ。



■『死者の囁き』ジョシュ・ラニヨン

ジョシュ・ラニヨンのアドリアン・シリーズ第2作目。

読みやすくユーモアのセンスが光るボーイズラブミステリ小説。

一作目『天使の影』のラストで良い雰囲気だった主人公カプのその後。

自分がゲイであることを認められない攻め。前途多難(^^;)))。



■『フェア・ゲーム』ジョシュ・ラニヨン

読みやすいボーイズラブミステリ小説。

タッカー × エリオットシリーズの第一作目。

エリオットの勤務する大学で失踪事件が発生。

捜索の過程でエリオットはFBI捜査官でかつての恋人タッカーと再会する。

元サヤに戻るには男のプライドが邪魔をするが‥‥。



■『フェア・プレイ』ジョシュ・ラニヨン

ジョシュ・ラニヨン『フェア・プレイ』あらすじと感想レビュー

読みやすいボーイズラブミステリ小説。タッカー × エリオットシリーズの第二作。

同居を始めた二人だけど、エリオットの父親が転がり込んでくる!

父親との確執がテーマのひとつ。



■『フェア・チャンス』ジョシュ・ラニヨン

ジョシュ・ラニヨン『フェア・チャンス』あらすじと感想レビュー

読みやすいボーイズラブミステリ小説。

タッカー × エリオットシリーズの完結編。

シリーズ第一作目の殺人犯が再登場。タッカーが失踪し、危機感あふれる展開。

これで完結なんてもったいないオバケが出るよ。



■『マーメイド・マーダーズ』ジョシュ・ラニヨン

ジョシュ・ラニヨン『マーメイド・マーダーズ』あらすじと感想レビュー

少し幻想的な雰囲気のある、読みやすいボーイズラブミステリ小説。

殺しのアート・シリーズ第一作。

冷たい40代後半FBI捜査官 × 30代トラウマ持ち手負いのFBI捜査官。

年齢高めの、不器用でじれったいおっさんずラブ(笑)。



■『冷血』トルーマン・カポーティ

トルーマン・カポーティ『冷血』あらすじと感想レビュー

ゲイの殺人犯を取材したカポーティのノンフィクション・ノベル。

凶悪犯罪を簡単に犯す人間の心の闇に迫る問題作。



■『ミッドナイト・ミートトレイン』クライヴ・バーカー

クライヴ・バーカー『ミッドナイト・ミートトレイン』あらすじと感想レビュー

血の本シリーズ第一作。少年院が舞台のお耽美小説や、

ゲイカップルの新婚旅行を描いた小説を含む短編集。

神話的で美しいホラー・ファンタジー作品です。

ただスプラッタ小説なので、苦手な方はご注意下さい。



■『ラスト・ショウ』クライヴ・バーカー

クライヴ・バーカー『ラストショウ』あらすじと感想レビュー

血の本シリーズの最終巻。ホラー・ファンタジー小説。

内臓、血糊大放出だけど、切なく美しい短編集。

グロテスクなのに気品のある表題作品「ラスト・ショウ」は、

腐女子のバイブル!!!

無人島に持っていきたい必読書!!!!

私が死んだら、棺に入れて欲しい本!



■『蠅の王』ゴールディング

ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』あらすじと感想レビュー

ショタが守備範囲の腐女子にオススメ。

男の子だけの無人島生活を描いたダークな寓話。

映画「蠅の王」は登場人物に軍服を着せるという徹底したサービスぶり。



日本文学

■『雨月物語』上田秋成

上田秋成『雨月物語』

『雨月物語』に収録されている「菊花の契り」がオススメ。

江戸時代の哀切な悲恋ストーリー。心に残る古典文学です。



■『聖なる黒夜柴田よしき

柴田よしき『聖なる黒夜』

天然刑事攻め(麻生龍太郎) × ヤクザのビッチ受け(山内練)

ボーイズラブミステリ小説。

濃厚な人間関係を描いた歯ごたえのある作品。麻生シリーズ。

ヤクザでエスな元カレ韮崎と山内練とのバイオレンスな関係性もごっつ美味しい。



■『李歐』高村 薫

高村薫『李歐』

昭和の大阪を舞台にした、ボーイズラブ・クライム小説。

クールなスパダリ孔雀攻め × おっとりさん受け。

チート過ぎるスパダリと、浪花の受けの遠距離恋愛大河ドラマ。



■『牛泥棒』木原音瀬

明治時代が舞台の、主従カプのボーイズラブ小説。

献身的でいじらしい受けがジタバタしたくなる程尊いっす。

受けのふんどし事情が良き!



■『箱の中』木原音瀬

獄中ものボーイズラブ小説。年下攻め。

攻めの子供みたいな純粋さに胸が痛くなります(T-T)。

重めの小説なので、気力体力に余裕があるときにどうぞ。



■『真夜中クロニクル』凪良ゆう

年下ワンコ (真下陽光)× 引きこもりのコミュ障(ニーナ)。

光線過敏症で不登校のニーナは、夜の公園で小学生の真下陽光と出会う。

二人の9年間を描いたボーイズラブ小説。



コミック

■『幻月楼奇譚』今市子

花街吉原の太鼓持ちと味噌屋の若旦那の駆け引きラブ?。

幽霊、化け物、てんこ盛りのホラーコミック。大人な腐女子にオススメ。



■『鬼滅の刃』吾峠 呼世晴

『鬼滅の刃』は兄弟がテーマのエピソードが多いけど、

双子兄弟ものの第20巻を特にご紹介。

12鬼月の上弦の壱、黒死牟と縁壱の相互ブラコン兄弟がエモい。



■『小姓のおしごとリターンズ』松山花子

『小姓のおしごと』松山花子

森蘭丸が主人公の爆笑時代劇ギャグ漫画。

信長を支配しがちな蘭丸の、したたか処世術をモエたっぷりに描いてます。

各エピソードが短いので、隙間時間にささっと読めます。

息抜きにいかがでしょうか?



映 画

■チョコレート・ドーナツ

1970年代に起きた実話(ゲイの男性がハンデのある子供を育てた)にインスパイアされて作られた映画です。

ゲイのカップルがダウン症の子どもを育てる物語。

心に響く感動の名作。

1970年代 のディスコ音楽も素敵!



■イースタン・プロミス

デビッド・クローネンバーグ監督、ヴィゴ・モーテンセン主演のマフィア映画。

ヴィゴ・モーテンセンの全裸バトルが凄い!!!

何も身を守るものがない状態で、刃物を持った相手と闘うのはめっちゃスリリング!

それに、ゲイのマフィアの息子に、思わせ振りな絶妙な距離感で近づいて、ろう落していくヴィゴ・モーテンセンがセクシー!



■ダイ・ビューティフル

トランスジェンダーが主人公のフィリピンのコメディ映画。

「アンジェリーナ・ジョリーとか、セレブ風の死化粧をしてほしい」突然亡くなったトランスジェンダーの遺言に従って、華麗なメイクと豪華な衣装で葬儀を行うストーリー。

強く美しく自分らしく生きたトランスジェンダーの主人公トリシャが眩しいです。

2016年東京国際映画祭観客賞、主演男優賞、
メトロ・マニラ映画祭主演男優賞、助演男優賞、Float賞、観客賞など多数受賞。



■僕の恋、彼の秘密

2004年、D・J・チェン(陳映蓉)監督の台湾映画。

17歳のティエンが、夏休みに運命の人に出会う物語。

かわいくてピュアで、爽やかなボーイズラブのラブコメ。

心が洗われまっせ。



■ウルヴァリンX―MAN ZERO

アメコミ原作のダークヒーロー、ウルヴァリンが主役のアクションSF映画。

ウルヴァリンとビクターの兄弟がザクザク性癖に刺さる!!!

もちろんアクションシーンもカッコいい!

デッドプールもちょっぴり出演してるので、デッドプールのファンにもオススメv



■処刑人

法律で裁けない極悪人を始末する兄弟が主人公のクライム・アクション映画。

兄弟ものが好物の腐女子にオススメ。

お揃いのコート、ロザリオ、ペアの刺青、ド迫力のアクションシーンが秀逸!

カルト的な大人気作品。沼が深い!



■インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

アン・ライス原作『夜明けのヴァンパイア』の映画化作品。

トム・クルーズとブラピのカップルのお耽美ヴァンパイアが主人公。

第67回アカデミー賞2部門ノミネート。

第15回ゴールデンラズベリー賞でワーストカップル賞受章w



■バウンド

1996年ウォシャウスキー姉妹脚本・監督の映画「バウンド」は

百合カップルが主人公のクライム・サスペンス。

マフィアの金200万ドルと命をかけた争奪戦は

二転三転する状況の中、複雑な力関係と人間関係が絡み合い

最後まで先が読めない上質のノンストップ・サスペンス。

脚本が至高です!



■プロデューサーズ

トニー賞12部門史上最多受賞したブロードウェイ・ミュージカルの映画版。

落ち目のブロードウェイ・プロデューサーズが詐欺を企む物語。

「最悪な脚本」「最悪な演出」「最悪な俳優」という

三拍子揃った駄作ミュージカルを作るつもりで

ゲイの演出家、ゲイの俳優を雇ったら、なぜかミュージカルは大成功!

歌って踊りたくなる「ゲイ」なミュージカルが最高!



■アナザー・カントリー

イギリスの実在のスパイを元にして作られた学園ラブストーリー。

第37回カンヌ国際映画祭芸術貢献賞を受賞。

ケンブリッジの寮生活をおくるガイは、同窓生のハーコートに一目惚れする。

しかし、当時のイギリスでは同性愛は犯罪行為。

秘密の逢瀬を重ねる二人が綺麗で切ない。腐女子の聖典。

「ナポリを見て死ね」ならぬ「アナザー・カントリー」を見て死ね。



■バードケージ

「バードケージ」という名前のゲイバーを経営している

ゲイカップルのドタバタ喜劇。

二人が育てた息子が婚約し、婚約者と婚約者の両親を

食事に招待することになった。

ところが、婚約者の父親はガチガチのお堅い保守派議員。

息子の結婚のため、自分たちがゲイであることを隠そうとする

(でも隠しきれないwww)ゲイの両親の奮闘を描いた楽しいコメディ映画。

主役のロビン・ウィリアムズとネイサン・レインはこの映画で

全米映画俳優組合賞アンサンブル演技賞を受賞。

ネイサン・レインは、ゴールデングローブ賞にノミネートされました。



■ロケットマン

エルトン・ジョンの半生を描いた自伝的ミュージカル映画。

エルトン姉さん役は、タロン・エガートン。

タロン君が、宝塚もビックリな衣装で歌って踊る♪♪♪

エルトン姉さんのこれまでの恋愛事情が赤裸々過ぎるw

『ロケットマン』本予告



■キングスマン・ゴールデンサークル

キングスマン・ゴールデンサークル

タロン・エガートン主演、イギリスのスパイアクション映画。

5秒でアガル↑↑↑

タロン・エガートン演じるエグジーと、

コリン・ファース演じるハリー・ハートの関係性が尊い!

タロン君自身が言うとおり

「エグジーはハリーと結婚したがっているように見える」

隻眼のハリーが最の高!

スピード感抜群のスタイリッシュなアクションも魅力!

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」予告B



■キンキー・ブーツ

キンキーブーツ

実話を元にして作られた心温まるコメディ映画。

主人公は、倒産寸前の靴製造会社をの社長。彼は会社を救うため、

ドラッグクイーン用のセクシーで頑丈な靴作りに挑みます。

大柄な男性の体重を支え、

ステージでの激しいダンスにも対応できる丈夫さがあり

尚且つおしゃれなピンヒールは、果たして実現できるのか?

ドラッグクイーンのステージ・ショウが見ものです!

懸命に自分らしく生きようとする

ドラッグクイーンのローラが勇気をくれる映画です。



■フィリップ、きみを愛してる

映画「フィリップ、きみを愛してる」あらすじと感想レビュー

実話を元にして作られたコメディ映画。

ジム・キャリーとユアン・マクレガーが演じるカプが可愛いです♪

ジム・キャリー演じるスティーヴンは、ゴージャスなゲイ・ライフをおくるため

クレジットカード詐欺や保険金詐欺を画策。

逮捕されたあと、愛するハニーに会うため、何度も脱獄を繰り返します(笑)。

映画『フィリップ、きみを愛してる!』予告編



■アイム・ソー・エキサイテッド!

映画「アイム・ソー・エキサイテッド」あらすじと感想レビュー

もし、あなたの乗った飛行機が機械トラブルで着陸できなくなったらどうしますか?

もし、その時飛行機のキャビン・アテンダントがゲイばっかりで

「お客様の気晴らしになるように、

あたちたちがこれからショウを開催するわ♪♪♪」

と言ったらどうしますか?

そんな楽しい映画です。

映画『アイム・ソー・エキサイテッド!』予告編



■『キャロル』

映画「キャロル」あらすじと感想レビュー

2015年トッド・ヘインズ監督。

パトリシア・ハイスミス原作の百合ものサスペンス。

ケイト・ブランシュエット、ルーニー・マーラ主演。ケイト姉さんが神々しい美しさ!

結婚、子供、経済的自立、自分のアイデンティティーとは?などなど

色々考えさせられます。

映画『キャロル』予告編



■『ブロークバック・マウンテン』

映画「ブロークバック・マウンテン」

2005年アン・リー監督。

ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)を受賞。

ゴールデングローブ賞(作品・監督・脚本・主題歌賞)、

ニューヨーク批評家協会賞(作品・監督・主演男優賞)受賞。

アニー・プルー原作の、男同士の純愛ラブロマンス小説を映画化したもの。

原作は、O・ヘンリー賞を受賞した痛ましい悲恋ものの名作。

1963年という時代設定なので、まだまだ同性愛が認められていなかった頃の物語。



■『モーリス』

映画「モーリス」

1987年、ヴェネティア国際映画祭男優賞等受賞。

ジェームズ・アイヴォリー監督。

ジェイムズ・ウィルビー、ルパート・グレイブス、ヒュー・グラント出演。

E・M・フォースターが書いた男同士の恋愛小説を映画化。

繊細で叙情的で美しい作品。

第一次世界大戦勃発前のイギリスを背景にした金字塔的ラブロマンス。

イケメン俳優を集めたとても綺麗な逸品です。

『モーリス 4K』予告編

※最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

腐女子向け本・映画・ドラマの一覧まとめの最新記事8件