「Theory Of Love/セオリー・オブ・ラブ」原作小説(7章~)、ドラマとの違い、感想レビュー

タイBLドラマ「Theory Of Love/セオリー・オブ・ラブ」はもうご覧になりましたか?

履修済みの方は、原作小説も気になりませんか?

「ドラマと小説の違いを知りたい」

「小説に興味ある」

という方に向けて、「Theory of Love」の原作小説をご紹介します。

(まだドラマを見たことがない方は、ドラマ詳細の紹介記事はこちらです。)

 
原作小説には、ドラマにない後日談もあるよ!

前回の記事で第6章まではご紹介しましたので

このページでは第7章以降の部分についてご紹介します。


■原作小説「Theory of Love」はこんな方にオススメ
・ドラマ「Theory of Love」にヤられた
・原作小説も気になる
・糖度最高の後日談が読みたい

■この記事でわかること
・第7章以降のネタバレあらすじ
・感想レビュー
・テレビドラマとの違い
スポンサーリンク

原作小説とドラマの概要

theory-of-love
小説タイトル「Theory Of Love/セオリー・オブ・ラブ」
原作者JittiRain
(「2gether」「Fish upon the Sky」など)
ドラマの監督ナッタポン・モンコルサワット
ドラマキャストThird:アタパン・プーンサワット(Gun)
Khai:ジュンポン・アドゥンキッティポーン(Off)
Too:ナワット・プンポーティンガム(White)
Bone:チンラット・シリポンチャワリット(Mike)
Un:ピラパット・ワタナセッシリ(Earth)
ドラマ話数12話+1話(スペシャル・エピソード)
ドラマ製作GMMTV
ドラマ放送2019年6月1日 – 2019年8月17日
スペシャル・エピソードは2020年10月28日
▲参考:Wikipedia

第7章~ネタバレあらすじ


本編あらすじ

Khai、Bone、Too、Thirdの4人は同じ大学で映画を専攻している親友グループ。

Thirdへの恋心を自覚したKhaiは、Thirdを口説くことを決意。

まずは自分を変えることから始めます。

身勝手なプレイボーイは止めて、自分の欠点を直す努力をします。

Khaiの努力は認めつつも

また傷つくのが怖くて、Khaiとは距離をおきたいThird。

でも、khaiの事故をきっかけにKhaiの面倒を見ることに。

次第にThirdはKhaiが以前のKhaiとは違うことに気づきます。

ところが、

「Khaiを信用してもいいのでは?」

と思い始めた時に、

Khaiが女の子とバーでキスしているのを見てしまいます。

怒ったThirdは、4人(Third、Too、Bone、Khai)で予定していた旅行をドタキャン。

Thirdを心配したTooもドタキャン。

Thirdがドタキャンしたことを知らないBonもドタキャン。

その結果、Khaiは一人で駅で待ち続けることになってしまいました。

その出来事で、Thirdは

  • 苦しんでいるのは自分だけじゃないこと
  • 自分が傷つくのを恐れて臆病でいると、Khaiを傷つけてしまうこと

に気がつき、Khaiとちゃんと向き合うことに決めます。

再度仕切り直したビーチへの旅行は、幸せな旅行になりました。

そして、大学の舞台劇が上演された日、KhaiとThirdはボーイフレンドになることができました。

スペシャル・エピソード


巻末に、楽しいスペシャル・エピソードが4つあります。

  1. KhaiとThirdが初めての夜にチャレンジする話
  2. チャレンジの翌日の悲喜劇
  3. TooとUnのなれそめ
  4. 本編のラストから4年後、社会人となったThirdとKhai休日

ドラマにないユーモラスで甘~~いシーンもあります。

コメディになっているので、気楽に笑いながら読めます。

原作小説とテレビドラマとの違い


ドラマと、第7章以降の小説の違いを下の表にまとめました。

ドラマ配役など原作小説
KhaiOff長身。中国系。きれいな白い肌。ファッションやヘアスタイルは中国系に見えない。
BoneMike頭は丸刈り(shaved head)。小麦色の肌。
Khaiと一番親しい。ジョークが好き。火遊び好き。女の子からいつも告られる。
TooWhiteロン毛、大食漢、博識、有能、学年トップ。写真を撮るのが好き。特に、天使の顔で巨乳の女の子の写真を撮るのが好き。
Boneが好きになる女性教授PaanSara登場しません
Thirdと仲が良い先輩UnEarth第8章以降でちらちら登場。Too視点のスペシャル・エピソードで本格的に登場。ドラマのように海外に行く話はない。
Tooが好意を寄せる高校の時の同級生LinNeen小説の後半Too視点のスペシャル・エピソードの中でのみ、ちらっと登場。彼氏はUnの友達。
ドラマのように、彼氏Ponと別れたりはしない。大学卒業後、LinとPonは結婚する予定。
バーでThirdが酔ってキスする相手ドラマでは、KhaiがバーでChingChingとキスしているのを見たThirdがヤケになって、Thirdをナンパしたモブにキスするシーンがありました。原作ではThirdをナンパするモブは登場しません。代わりにThirdがキスする相手はBoneです。
大学卒業後、
会社で作った映像が海外の賞を受賞する場面
小説ではまだ成功を夢見ている段階なので、受賞シーンはありません。
映画館での指輪プレゼント小説にはありません。

感想レビュー

theory-of-love

KhaiとThirdについては、物語の大筋はドラマと同じです。

ドラマに登場したBoneが好きになる先生が出てこないので、その点がよかったかな(^_^;)。

Unは小説の方が、分かりやすい人やった(笑)。

 
オススメは巻末の後日談!!!

ドラマでは放送できないThirdとKhaiのあれこれ(笑)が書かれてます。

いざとなると、意外とThirdが積極的なのがいい!

「ベッドより、バルコニーの方がよりエンターテイメント」

とか言っちゃうKhaiに腹筋崩壊。

それに、Thirdの恐妻ぶりがKhai視点で書かれていて楽しいです♪

Thirdに振り回されながらも、その気になればリードすることもできるKhai、頼もしい彼氏や。

同じ作者の別の作品「2gether」のサラタイが、二人そろって迷路にはまりこみがちなのに比べて、安心感あります。

サラタイはサラタイで初々しくてかわいいけどね(〃ω〃)

キンドル洋書は意外と簡単

キンドル「Theory of Love」は英語ですが、辞書機能も付いてるので、ほとんどストレスを感じることなく読めます。

分かりやすい表現で、文章の勢いもあります。

読みやすい小説ですよ。

もしドラマを履修している方であれば、大きく読み間違える心配もありません。

「2gether」と同じ作者なので、雰囲気や文章の流れ、リズムが「2gether」と似ています。

※「2gether」原作小説の紹介記事はこちらです

英語版キンドルを簡単に読む方法についての記事はこちらです

まとめ

原作小説第7章以降は、新生Khaiが紆余曲折を経てThirdの心をゲットするまでの様子が綴られています。

ラブラブなコメディ小説になっている後日談は、特にオススメです。

後日談の中には、ドラマにはないウフフな物語もあります。

試しに読んでみませんか?

theory-of-love

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

※ご参考までに、ドラマの紹介記事はこちらです

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments