「ウルヴァリンX―MAN ZERO」の兄弟萌え映画の感想レビュー

2009年ギャビン・フッド監督の映画

「ウルヴァリンX-MEN ZERO」をご紹介します。

アメコミ原作のX-MANシリーズの一作で、ウルヴァリンを主人公にしたアクションSF映画です。

ミュータントが同性愛者のメタファーになっていることは有名ですがこの映画は、兄弟ものが刺さる腐女子には特にごちそうです!

スポンサーリンク

あらすじ

1845年カナダ。

ジェームズ・ハウレット(ローガン)は、体が弱く熱を出してばかりいる少年でした。

ある夜、使用人であるトーマス・ローガンが、父親ジョン・ハウレットを殺害するのを目撃。

衝撃的な場面が彼をミュータントとして覚醒させ、手から出現したカギ爪でトーマスを刺し殺してしまいます。

しかし、実はトーマスこそがジェームズの実の父親でした。

兄ビクターと一緒に家を飛び出したジェームズは、お互いだけを頼りに、助け合いながら成長していきます。

兄弟は、アメリカの南北戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦、ベトナム戦争にも前線の兵士として従軍。その後は特殊部隊に入隊し、高い治癒能力と戦闘力を武器に活躍。

しかし、ビクターの残虐性に反発を覚えたジェームズは

ビクターと決別、特殊部隊も脱退。

カナダで静かに暮らし始めます。

穏やかな数年間が過ぎた後、ジェームズの元に、かつて彼を特殊部隊にスカウトしたストライカーがやって来ます。

そして、かつての特殊部隊のメンバーが殺されたことを伝えますが、程なくビクターが現れ、ジェームズの恋人を殺害。

ビクターに対抗する力を身に付けるため、ジェームズは体内にアダマンチウムを注入する手術を受け「ウルヴァリン」に生まれ変わります‥‥。

映画のメインキャスト

ジェームズ・ローガン・ハウレット(ウルヴァリン): ヒュー・ジャックマン (山路和弘)

ビクター・クリード(セイバートゥース): リーヴ・シュレイバー (石塚運昇)

ウィリアム・ストライカー : ダニー・ヒューストン (野島昭生)

ケイラ(シルバーフォックス): リン・コリンズ (安藤麻吹)

レミー・ルボー(ガンビット): テイラー・キッチュ (平田広明)

ジョン・ライス(ケストレル): ウィル・アイ・アム (江川央生)

ウェイド・ウィルソン(デッドプール / ウェポンXI): ライアン・レイノルズ (加瀬康之)

エージェント・ゼロ : ダニエル・ヘニー (磯部弘)

クリス・ブラッドリー(ボルト): ドミニク・モナハン (中國卓郎)

フレッド・デュークス(ブロブ): ケヴィン・デュランド (乃村健次)

スコット・サマーズ(サイクロップス): ティム・ポーコック (宮野真守)

エマ・フロスト(ケイラの妹): ターニャ・トッティ (安原麗子)

ジェームズ・ハウレット(幼少時のローガン): トロイ・シヴァン (本城雄太郎)

ジョン・ハウレット(ジェームズの父): ピーター・オブライエン

トーマス・ローガン(ビクターの父): アーロン・ジェフリー

マンソン将軍: スティーヴン・リーダー (大塚周夫)

トラヴィス・ハドソン : マックス・カレン (藤本譲)

ヘザー・ハドソン : ジュリア・ブレイク (翠準子)

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX):パトリック・スチュアート(大木民夫)

ローガンとビクターの壮大な兄弟げんか

映画の冒頭で、熱を出して寝込む子どものジェームズに付き添うビクター。

ミュータントとして覚醒し、母親に「お前は何ものなの?」と気味悪がられ、家を飛び出したジェームズと、彼を追ったビクター。

小さな男の子二人が

「兄弟は助けあわなくちゃ。何があっても一緒だよ」と身を寄せあう姿は、とっても不憫で涙を誘います。

その後150年間、戦場でもどこにいてもずっと一緒に支えあってきたのに、一方的にビクターと絶縁するジェームズ。

「電話もくれない。手紙もくれない。」

と愚痴るビクター兄ちゃんが可愛いwww

「あんな女に惑わされやがって」

と弟の彼女が気に入らないビクター兄ちゃん。

(ビクターのこの発言にはちゃんとした理由があります)

ビクターがジェームズのことをいつまでも

「ジミー」と呼ぶのも小さい頃のままで尊い。

ケンカしてても結局は、弟想いのお兄ちゃんなんですよ。

でも、ジェームズは、ビクターの他人に対する残酷さが許せない。

一度こじらせた兄弟げんかは、修復が難しいですね。

戦闘能力の高い兄弟げんかの取っ組み合いは、破壊力がすさまじくてはた迷惑w お店一軒潰してるしw

兄弟げんかはおうちでやってくれーーー!w

ちなみに、X―MANシリーズの他の映画に出てくるビクター(セイバートゥース)はこの映画に登場するセイバートゥースとは全然別物なのでご注意下さい。

X―MANシリーズの映画って、それぞれの映画を比べると矛盾が一杯あります。でも、深く考えずに、その映画それぞれを独立したものと考えて楽しんだらいいんじゃないかなと思います。

無口なデッドプールとド迫力のバトル

この映画「ウルヴァリンX-MEN ZERO」は、無口なデッドプールという非常に珍しいものが見られます。

映画の最初の方に登場するデッドプールは、いつもの通りの減らず口満載なんだけど、ラストに登場する時はしゃべらない!

デッドプールは「しゃべってなんぼ」のキャラ。

なのに、しゃべらない(笑)。というか、しゃべれない。

でもしゃべらない分(?)、バトルシーンが凄いです!!!

ド迫力だし、スリルもあるし、動きが早すぎて動体視力が追い付きません!

ネタバレ(↓↓↓)

以下ネタバレですので、ネタバレ大丈夫な方のみ

文字の色を反転させてお読みくださいね。


ストライカーに騙されていたことに気がついたジェームズは、ストライカーの研究施設から脱走。

そして、ミュータントたちが囚われて人体実験に使われている施設に潜入。

そこで、かつての同僚ウェイド・ウィルソンに再会。

様々なミュータント能力を移植されたウェイド(デッドプール)と戦うことになります。

ウェイドは、今回の映画「ウルヴァリンX-MEN ZERO」のいわゆるラスボスです。

ウルヴァリンと同じアダマンチウムの刃と高い治癒能力を持ち、テレポーテーションやオプティック・ブラスト(高熱の光線)も使えます。

さすがのジェームズ(ウルヴァリン)も押され気味。

「ウルヴァリン危うし!!!」

と思った瞬間!!! ビクターお兄ちゃんの登場です!!!

ビクターの「背中を合わせろ!」の一喝で、かつての戦場での絶妙な連係プレーが甦ります!

ぎゃああああーーー!!!

しゃべりすぎるという理由で、この時口を縫われていた(笑)デッドプールの代わりに、私が悲鳴を上げましたwww

今まで殺しあいしてたジェームズとビクターの突然の共闘!!!

これだから兄弟はーーー!!!

萌え散らかしてジタバタしちゃうでしょうがーーー!!!

結局、ビクターはジェームズの恋人を殺してはいなかったんだし、ましてやジェームズを殺すつもりもなくて、本当は仲直りしたかったんでしょうね。

それなのに!!!

映画のラストで記憶をなくしてしまうジェームズo(T□T)o

NOーーー!!!

いやいやいや! 記憶喪失ってBLの鉄板やんか!!!

あああ、この兄弟の続編が見たいなあ♪

ジェームズさあ、弟想いのお兄ちゃんのこと思い出せよ~♪

違う俳優さんのキャスティングでも良いので、なんとかなんないかな。

ま と め

「ウルヴァリンX-MEN ZERO」は、アメコミ原作の人気キャラ、ウルヴァリンを主役に据えたアクションSF映画です。

X―MANシリーズの一作品。

CGとアクションが素晴らしいし、愛憎渦巻く兄弟ものとして腐女子におすすめです!!!

※最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

■無料お試しあり、動画配信サービス大手6社の比較記事はこちら

■一ヶ月間無料お試しあり、アマゾン・プライムの特典とメリット、デメリットはこちら

【アマゾン・プライムビデオ】
ウルヴァリン:X-MEN ZERO (字幕版)

ウルヴァリン:X-MEN ZERO (吹替版)



スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments