今回はタイのボーイズラブ、テレビドラマ「SOTUS」の続編「SOTUS・ S」をご紹介します。

「SOTUS・SThe Series」はタイのGMMテレビによって制作され放送された大人気テレビドラマ『SOTUSThe Series』の続編です。

2017年12月9日から2018年3月10日に放送されました。

このドラマの主演カップルは、第11回、第12回、第14回KAZZアワード、第3回、第4回マヤ・アワード、第1回、第2回グレート・スターズ・ソーシャル・アワード、第1回LINE TV アワードなどの各ベストカップル賞を受賞しています。

YOUTUBEで無料で見られるし、日本語字幕もついてますので、お気軽にみてくださいね!

スポンサーリンク

「SOTUS」のあらすじ


「SOTUS」をまだご存知ない方のためにあらすじをちらっとご紹介します(↓)。

大学に入学したコングポップは、「SOTUS」という新入生の教育制度に参加することになります。

しかし、新入生を教育するのは無理難題を押し付ける高圧的な3年生たちでした。

理不尽な課題に困惑する一年生たち。

納得できないコングポップは、SOTUSのリーダーである

3年生のアーティット先輩に率直に意見します。

ところが、アーティット先輩は厳しい罰で新入生を支配しようとし、コングポップの意見に耳を貸しません。

そんなアーティット先輩にコングポップは「あなたを俺の妻にします」と宣言。

様々な問題を乗り越えて、やがて二人はお互いを愛するようになりました。

「SOTUS」紹介記事はこちらです

最初の取っ付き難さがあるけど、そこを越えたら沼という名の天国!

SOUTUS

このテレビドラマ「SOTUS」って、最初の入り口が来るものを拒む仕様になってるんですよね(^_^;)。

ぶっちゃけ、私も最初は「SOTUS」の3話で挫折しました!

だって、アーティット先輩が嫌な奴なんだもん(笑)!

最初の頃の先輩って、偉そうで威圧的で無茶ぶり満載で本当にマジ無理なヤな奴なんです。

3話まで見て楽しかったのは、焼き鳥ダンスを見て

「あ!これ見たことある!『2gether』でも踊ってた!」

と思った時だけ。

なもんで、3話で挫折。

これあかん。私には無理やで。と思いました。でも、

こんだけ人気がある作品なんだから、何かしら良さがあるはず‥‥と思い、気を取り直して、1週間後に再チャレンジ!

「SOTUS」を見終わる頃には、あれ?先輩って、ちょっとかわいいんじゃね?と思いつつ

「SOTUS ・S」を見始めたら!!!

まあ、なんということでしょー!!!

アーティット先輩が可愛すぎるやん!!!

この可愛さ凶器やで!!!

「SOTUS・S」の「S」はスーパーサイヤ人的な「S」やってんな?!(違う)

私の中で正にアーティット先輩が変身したとです!!!

あかん!タイは沼ばっかりや!

タイは、渡航警戒区域ですよ ! 奥さま!

トドメ刺されたのは、コングポップに

「ご褒美ください。」って言われて

コングポップの鼻先に自分の鼻を一瞬だけちょんとくっ付け

「今のがご褒美」

って、先輩が照れながらドヤ顔する衝撃のシーン!!!

ねえねえ。オタクを殺しにかかってない?

「SOTUS・S」のあらすじ

「SOTUS」のラストから2年後、3年生になったコングポップは、今度は一年生を教育する側になります。

一方、大学を卒業したアーティット先輩は、企業に就職。

希望部署への配属は叶いませんでしたが、慣れない業務と人間関係に戸惑いながらも全力で仕事に励んでいます。

そろそろインターンシップ先の企業を決める時期になり、複数の会社を検討したコングポップは、先輩の努める企業にも申請書を出しますが‥‥。

アーティット先輩の新たな一面

これまでは大学という馴染んだ環境にいたアーティット先輩。就職して、新入社員として一から頑張る姿が初々しくて、微笑ましくて素敵です。

お局様に叱られて「ひーっ」ってなるところとか、会社員あるあるですよね。

業務のトラブルにも謙虚に前向きに努力してて偉いです!私も見習わなきゃ!(笑)

アーティット先輩の頑張りやさんな一面が見られて、更にアーティット先輩の魅力がマシマシな「SOTUS・S」です!

スパダリ、コングポップ

育ちが良くて、真面目で真っ直ぐな性格で、頭も良くて、イケメンで一途で、大企業の御曹子‥‥絵に描いたようなスパダリ、コングポップ。

なんでも器用にこなすけど、アーティット先輩に怒られてしゅんとするところが、飼い主に叱られたワンコみたいでほっとけない気分になるですよ。きゃわいい。

でも、基本王子さまキャラなコングポップだけど、いきなり

「アーティット先輩を妻にします!」と宣言したり、

相談無しで突然アーティット先輩の隣に引っ越して来たり、

突如飛び道具出してくることがあるから面白い!(笑)

飽きがこないキャラだなあ!

ネタバレ

以下はネタバレなので、ネタバレ大丈夫な方のみ文字を反転させてお読みください。

コングポップは、アーティット先輩のことが心配だったこと、先輩の側にいたいこと、父親の勧めなどなどで、先輩の勤め先にインターンシップに行くことになります。

すれ違いが多くて何も聞かされてなかったアーティットは、突然会社に現れたコングポップに困惑。

コングポップと喧嘩になってしまいます。

折しも、商品の不具合により大量の返品が発生。

会社は存続の危機に。

コングポップは会社を救うため、父親の会社に助けを求めます。

結局、会社は救われますが、コングポップが一流企業の息子だと知らなかったアーティットは大ショック。

更に、二人の関係が会社にバレてしまいました。

二人は自分達の関係について、改めて見つめ直すことになります。

その後、インターンシップが終わった日の パーティーの席で、アーティットは二人の関係を社員全員の前できちんと「コングポップがボーイフレンドです」と報告。二人の絆は深まることになりました。


やー。大団円で良かったです!

もうこうなったら、続編シリーズをお願いするしかないですよね。

続編シリーズタイトルは、例えば、「SOTUS・Z」とか?

私、ネーミングセンスがなくて、ドラゴンボールから離れられないので、タイのテレビの方どなたか素敵なネーミングを考えてください。

あ、単発続編の「Our Skyy 」の紹介記事はこちらです

時系列的には、①「SOTUS」→②「SOTUS・S」→③「OUR SKYY」の順番です。

順番に視聴しましょう♪

▲コングとぴあてぃのQ&A(日本語字幕)

原作小説の一部が今すぐ無料で読めます!

Wattpadで「SOTUS」シリーズの原作の一部が読めます。

テレビと違う場面が面白い!

例えば、グランド54周走って足を痛めたA先輩のお世話をKがするシーン。

ドラマでは、Kが先輩の食事の後片付けをすると言いながら、せずに帰ってたよね(笑)。

原作では、ちゃんと片付けてた(笑)。

他にも素敵シーンが1杯(///∇///)

ただし、アーティット先輩がロン毛の髭だったり、多少の衝撃もありますのでご注意下さい。

Wattpadのリンクはこちらです

ロケ地ガイドブック

SOTUSロケ地

【タイドラマ聖地巡礼ガイド】

2gether」「Still 2gether」「SOTUS」「SOTUS・S」「My Engineer」「Until We Meet Again」のロケ地紹介。

127ページ。

住所はタイ語併記なので、現地で指さし会話可能。

まとめ

伝説的人気テレビドラマ「SOTUS」と「SOTUS・S」は、可愛い生物兵器のアーティット先輩とスパダリ、コングポップのボーイズラブ作品です。

無料で日本語字幕で見られます。

一度視聴してみませんか?

メインキャスト

  • コング(コングポップ・スティラーク):Prachaya Ruangroj
  • アーティット:Perawat Sangpotira
  • ティウ(ティウタット):Oaujun Korn Khunatipapisiri
  • デイ(デチャウット):Fiat Pattadon Janngeon
  • ナイ(ウィラワット・カムンケアオ):Nammon Krittanai Arsalprakit

■Prachaya Ruangroj

ツイッター[S]!MBA (@stjinx_maya)

インスタグラム (__singto)

 インスタグラム(stjinxphoto)

■Perawat Sangpotira

インスタグラム:@kristtps

Twitter:@kristtps

「Our Skyy」DVDセット

「SOTUS・S」の続編「Our Skyy」のDVDセットです。

特典は、ブックレットとオリジナル予告集。

詳細は画像にリンクが貼ってあります。

アマゾンのレビューを見ると「DVDは本編が一部カットされている」との情報があります。

ご購入の際はご注意ください。


関連記事

※初心者向けKristSingtoのいちゃらぶ動画一覧は、こちらです

※KristSingto写真集の紹介記事はこちらです

※KristSingtoファンミーティング「PERAYA PARTY」のDVDBOXの紹介記事はこちらです

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments