◆ タイBL関連情報 ◆ 「2位の反撃」WeTV、RakutenTV、ビデオマーケットで21:00配信開始

「キンキー・ブーツ」ドラッグクイーンの映画の感想レビュー

キンキーブーツ

2005年ジュリアン・ジャロイド監督による

「キンキー・ブーツ」をご紹介します。

ドラッグクイーンたちの豪華なショウが楽しめるコメディ映画です。

倒産寸前の会社が、男性用の個性的な靴の開発を始めて

持ち直した実話を元にして作られています。

落ち込んだときに元気をくれるのでオススメです♪

スポンサーリンク

あらすじ

主人公チャーリー・プライスは、イギリスの田舎町にある

クラシックな靴の製造工場の跡取り息子。

しかし、家業が嫌いで、ロンドンに引っ越す予定にしていました。

ところが、父親が突然他界。借金まみれの工場を引き継ぐことに。

工場を存続させるために、何か良いアイディアはないかと知恵を絞るチャーリー。

知り合いのドラッグクリーンのローラの

「男性の体重を支えられるおしゃれな女装用の靴がない」

という悩みを聞いて、

ドラッグクリーンのために

大きくて丈夫で派手な靴を作ることを思いつきますが‥‥。

映画のメインキャスト

チャーリー・プライス : ジョエル・エドガートン

ローラ : キウェテル・イジョフォー

ローレン : サラ=ジェーン・ポッツ

ニコラ : ジェミマ・ルーパー

ドン : ニック・フロスト

メル : リンダ・バセット

ハロルド・プライス : ロバート・パフ

ジョージ : ユアン・フーパー

映画タイトル「キンキー・ブーツ」の意味は?

「kinky」は「風変わりな」とか、

「(性的に)倒錯した」という意味だそうです。

映画の中でチャーリーが作ろうと頑張るのは、

大柄のドラッグクイーンたちが、

ステージ・ショウで激しく踊っても壊れない

頑丈で、動きやすく安全で、尚且つおしゃれで派手でセクシーなピンヒール。

ローラ(サイモン)が求めているブーツは、

「長さ75センチ、筒状の真っ赤なセックス!」らしいです(笑)

彼女にとっての靴は、ただステージで身に付けるもの

というだけでなく、彼女のアイデンティティでもあります。

女性のおしゃれに靴は重要ですよね!

お気に入りの靴はそれだけで女性を幸せにします。

それに、精一杯自分らしく生きようとするローラの姿は勇気をくれます。

この映画は実話を元にして作られています。

女性ならきっとローラを応援したくなると思います!

ドラッグクイーンのド派手なショウ

この映画「キンキー・ブーツ」では、

ドラッグクイーンたちのキラキラした豪華なショウが見ものです。

スパンコールとラメ。巨大なツケマ、大きなフリル、原色のカツラ、

凶器になりそうな長くて目に刺さる色のマニキュア

歌とダンスは見てるだけで楽しくなります!

歌とダンスを堪能するならミュージカル!

キンキーブーツ

とにかく、ドラッグクイーンのステージ・ショウを楽しみたいという方には

ミュージカルもオススメです!

ブロードウェイ・ミュージカルが上演されています。

作詞作曲はトニー賞ミュージカル作品賞オリジナル楽曲賞、

グラミー賞を受賞したシンディ・ローパー。

アルバムは、ビルボード初登場一位となったそうです。

日本でも2016年初演。

小池徹平、三浦春馬のダブル主演で2019年にも上演されています。

今はコロナの影響で今後の上演予定がわかりませんが

コロナ終息後はまた上演されるかもしれませんね。

ま と め

人生に逆風が吹いているときに元気が出るコメディ映画です。

ドラッグクイーンたちがゴージャスで、タフで素敵です。

自分らしく生きるための勇気をくれる映画でもあります。





スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments