『シャイニング』スティーヴン・キングの傑作ホラー小説の感想レビュー

今回は、悪霊が巣くうホテルを描いたホラー小説はいかがでしょうか?

幽霊屋敷を描いた小説は世に沢山ありますが

スティーヴン・キングの有名な幽霊屋敷ものは、

『ブラックハウス』と『シャイニング』。

『ブラックハウス』はピーター・ストラウブとの共著なので

キング節を純粋に楽しめるのは、『シャイニング』です。

今回は、スティーヴン・キングの初期の作品『シャイニング』をご紹介します。

背筋が凍る恐怖をがっつり楽しめますよ。

スポンサーリンク

あらすじ

主人公ジャック・トランスの息子ダニーは、

シャイニング(=輝き)を持っています。

小説中で言う「輝き」とは、幽霊が見える力のこと。

ジャックは息子ダニーと妻と共に

冬季閉鎖中のホテルに滞在することになりますが、

そこで彼らを待ち受けていたのは、

強大な力を持つ邪悪な悪霊たちでした……。

主人公ジャックのアルコール依存症

スティーヴン・キングは、若い頃アルコール依存症だったそうです。

この作品はそんな彼の経験が生かされた作品です。

別の本の中でキングは

「アルコール依存症の人間に酒を飲むなと言うのは

酷い下痢に苦しんでいる人間に『出すな』と言うようなものだ」

と言ってますが、

何と素晴らしい表現でしょう!(笑)

アルコール依存症から抜け出すことの難しさがよく分かりますよね!

人生長く生きてると本当に自分でもどうしようもなく、

なす術もなく墜ちていく時期ってあるよなあ~と思います。

経済的に行き詰まり自分を信じることもできず、

でも、家族は養わなければならず…

強いストレスに苦しんでついついアルコールに救いを求めてしまう…

アカンやろとは思いますが、

辛いときに救いを求めたくなる気持ちはよくわかりますよね。

『シャイニング』は人間の弱さに対する

キングの優しさが感じられる小説です。

スタンリー・キューブリック監督、 ジャック・ニコルソン主演の映画「シャイニング」

小説『シャイニング』は何度も映像化されています。

有名なのは、1980年のスタンリー・キューブリック監督

ジャック・ニコルソン主演の映画「シャイニング」。

とにもかくにも、

お父さん役のジャック・ニコルソンが強烈でした。

怖すぎます(笑)

お母さん役の女優さんも顔が怖い(^^;

そして、大量の血糊の奔流。

視覚に訴える不気味さがてんこ盛り。

双子の女の子のシーンもゾッとします。

(この双子のシーンは

ヒグチユウコさんが描いた絵画でも有名ですよね。)

237号室の幽霊のシーンは本当に背筋が凍りました。

小説とは登場人物のキャラクターもストーリーも違いますが、

見た目のグロテスクさ、独特の映像センスが光る名作ホラーです。

小説と映画の違い

登場人物のキャラクターもストーリーも違うので、映画は小説とは別物と思った方がいいかと思います。

例えば、原作のジャック・トランスは、道を踏み外しただけの、よくいる男です。

家族への愛情も持っていて、アルコール依存症から脱却しようとあがいています。

しかし、映画のジャック・トランスは、最初からどこか異常な雰囲気を漂わせています。

映画の後半に至っては、まさに狂気そのもの!!!

しかも、それを楽しんでいます。

また、ストーリーも違います。

映画では、原作にはない迷路が象徴的に使われています。

ラストで、ジャック・トランスは迷路の中で凍死しますが、彼の精神世界の隠喩として、非常に効果的です。

それから、原作ではダニーを助けに来たハロランは生還しますが、映画ではジャックに殺されてしまいます。

キューブリックの映画は、視覚、聴覚に訴える不気味さや恐怖を重視した、感覚的な作品です。

小説の方は、物語性を重視した作品です。

それぞれに独自の素晴らしさがあり、両方とも傑作です。

スティーヴン・キングは映画に批判的ですが、キューブリックの映画は映画として非常に優れた名作なので、別物としてそれぞれに楽しむのがいいと思います。

映画「シャイニング」のメインキャスト

1997年製作TVドラマ「シャイニング」

1997年にリメイクされたTVドラマは、

絵的にもキャスティング的にも前作映画より綺麗目です。

映像的な気持ち悪さは半減し、

その分悲しさと優しさがプラスされています。

原作に近いリメイク版です。

スティーヴン・キングにも好評でした。

そして続編『ドクター スリープ』へ

『シャイニング』から36年後の主人公を描いた続編です。

『シャイニング』時点で5歳だったダニーは

『ドクター・スリープ』では41歳。

ダニーは、ホスピスで働き、

死を目前にした人々を支える仕事をしています。

『ドクター・スリープ』の紹介記事はこちらです

『ドクター・スリープ』をいきなり読むよりは、

まず『シャイニング』を読むのがオススメです!

キングの若い頃の作品って、本当に力強さと勢いがあるんですよね。

最近の作品も良いけど、若い頃の作品は格別です。

小説『シャイニング』をオススメします。

※最後まで読んでいただきましてありがとうございました(^▽^)

■無料お試しあり、動画配信サービス6社の比較記事はこちら

■1ヶ月無料で試せるアマゾン・プライムの特典とメリット、デメリットはこちらです。

Amazo video字幕版



スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
0 0 votes
ドラマや小説の評価
Subscribe
Notify of
guest
ドラマや小説の評価
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments